飛ぶドライバーとシャフトの調子・キックポイントの関係

スポンサーリンク

 

打ち比べた気付いたシャフト性能

新しいモデルのドライバーを何本か打ち比べましたが、共通するのはシャフトの性能でヘッドを走らせたり、高弾道を打てるような仕組みとなっているモデルが多いです。最近のドライバーに装着されているシャフト性能を紹介します。シャフトのメーカーを気にすることが多いですが、シャフトの性能、シャフトのトルク、シャフトのキックポイント(調子)を覚えることで、自分のスイングに合ったシャフトを選べるようになります。

 

飛ぶドライバーは、シャフトとの相性がマッチしている

最近、いくつかのドライバーを打ちましたが、共通点としてはドライバーヘッドとシャフト性能の相性がとても良いということです。シャフトが硬すぎず、柔らかすぎず、反応の良い撓り戻りにより、ドライバーヘッドを加速させてくれます。

スポンサーリンク

スイングリズムが安定しないゴルファー

スイングリズムが速くなったり、遅くなったり、腕だけで振ろうとしたりというゴルフスイングが不安定なゴルファーでも無駄な負荷をシャフトが相殺してくれることもあります。特に最近は、ゴルフスイングが不安定でも撓らせられるようなシャフト性能となっていることが多いです。

先調子のシャフト

最近、打ってみたドライバーの中で多いのが、先調子です。ワッグルするとドライバーヘッドが左右に大きく動くので、頼り無さそうな印象を受けてしまいます。実際に打ってみるとインパクト前後でドライバーヘッドが走りやすいので、シャフトの撓り戻りを活かして、強いインパクトで打つことができます。また、優しく高弾道が打ちやすいです。ヘッドがスピードが遅くて、非力なゴルファーでも、シャフトの撓りを感じやすいですし、ヘッドを走らせる感覚を養うことができます。デメリットとしては、打点がズレやすいということです。といっても、最近のドライバーは少し打点がズレても著しく飛距離を落とすことはあまりありませんので、それほど気にしなくても良いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中調子のシャフト

中調子はシャフトの真ん中が撓るタイプのシャフトです。トルクが多くても、撓りをあまり感じないシャフトもありますし、硬さを感じることもあります。先調子のシャフトに比べて、ヘッドが走る感じが少ないですし、ヘッドスピードが遅かったり、スイングパワーが不足している場合は、ボールを捉まりきれなくてスライスしてしまうこともあります。

ダブルキックのシャフト

最近、増えてきたのがキックポイントが複数あるシャフトです。先中調子とか、中元調子とか、シャフトが撓るポイントが2つある、ダブルキックのシャフトです。ここでは、先中調子にスポットを当ててみます。

最近、色々なドライバーを打ってみましたが、先中調子のシャフトを装着したドライバーが多いです。シャフトの先端と真ん中が撓るという特殊なシャフトです。この場合、ヘッドスピードが遅くてもシャフトの撓りを活かしてスイングをすることができます。上述したとおり、高弾道が打ちやすくなります。また、ダウンスイングを手から始動してしまう、手打ちになっても、シャフトの撓りで無駄なチカラを中和してくれる作用もあります。

 

飛ぶドライバーに装着されているシャフト考察

最新モデルの飛ぶドライバーの多くは、先調子、先中調子のシャフトを装着しているドライバーが多いです。ヘッドを走らせて、ボールをつかまえて、高弾道が打てるようにしているということです。少しでもキャリーアップが目指せるようにドライバーヘッドとシャフトのマッチングが考えられています。

モデル名 シャフト名 調子
テーラーメイドMグローレ Speeder EVOLUTION TM 先中調子
グローブライド オノフ 赤 SMOOTH KICK MP-518D 先中調子
タイトリスト TS2 Speeder 519 EVOLUTION 先中調子

 

シャフトの選び方

最新モデルの飛ぶドライバーの多くは、先調子、先中調子のシャフトを装着しているドライバーが多いです。ヘッドを走らせて、ボールをつかまえて、高弾道が打てるようにしているということです。少しでもキャリーアップが目指せるようにドライバーヘッドとシャフトのマッチングが考えられています。

ヘッドスピードが速い人(40m/s以上)は、中調子、手元調子を選ぶと良いです。
ヘッドスピードが遅い人(39m/s以下)は、先調子、先中調子を選ぶと良いです。

 

シャフト・トルクとキックポイント(調子)との関係

キックポイント(調子)というのは、シャフトが撓る箇所です。キックポイント(調子)の位置が異なるだけで、シャフトの撓りやすさや硬さの感覚が変わります。

シャフトが硬くて先調子、先中調子

ドライバーに装着されているシャフトのトルクが4.6という、フレックスSに相当するシャフトであっても、キックポイント(調子)が先調子、先中調子の場合、シャフトのトルク以上に柔らかさを感じます。

シャフトが柔らかくて中調子、手元調子

シャフトのトルクが5.2という、フレックスRに相当するシャフトであっても、キックポイント(調子)が中調子、手元調子の場合、シャフトのトルク以上に硬さを感じます。

 

シャフトに関して

飛ぶドライバー 2019年