ワクチンコンポの飛ぶドライバー(グラビティ)

ワクチンコンポの飛ぶドライバーを紹介します。シャフトで有名なワクチンコンポには、ワクチンコンポのシャフトと相性抜群のドライバーヘッドがありますので紹介します。

ワクチンコンポの飛ぶドライバー(グラビティ)

スポンサーリンク

 

WACWAC-7 ドライバー

ワクチンコンポのヘッドスピードが遅くても飛距離アップを目指すゴルファーのためのドライバーです。フェース面の弾きが良いですし、適度なボールの捕まりからすライスを減らしてくれます。スライスが減るだけで平均飛距離アップできます。

ヘッドが小さめなので重心距離が短いですし、インパクトに向けてヘッドが返りやすくなってますので、フェース面をスクエアにして強いインパクトで打ちやすいドライバーです。ボールがすっぽ抜ける感じが全くありませんし、ボールが捕まるからこそフェース面の弾きが活かされてボールスピードが速くなります。

ヘッドのクラウン(上部)にはカーボン素材を使用しており、ヘッド上部を軽量化することでヘッド下部に重量が集中するような低重心設計となっており、高弾道が打ちやすくなってます。上下のギア効果が入りやすいので、ややバックスピン量が増えやすい傾向があるものの高い弾道が打てない人は、伸び上がるような高弾道が打てるようになります。

  • ヘッド体積:411cc
  • ロフト角:10.5度
  • ライ角:62度
  • ヘッド重さ:約190~197グラム(ウェイトで調整可能)
スポンサーリンク

WACWAC-7 ドライバー 中古

コスト抑えて購入するのであれば中古がお勧めです。地クラブでも値段が安くなってますし、カスタムシャフトが装着された中古もあります。

 

WAC LS-01 ドライバー

ワクチンコンポのシャフトが撓りやすくなっており、シャフトでボールを捕まえるのですが、左にいきやすくなる傾向がある場合は、こちらのWAC LS-01 ドライバーがお勧めです。ヘッドローテーションを抑える設計となっており、左にいきにくいので、思いっきり叩けるヘッドとなってます。

フェードが打ちやすくなってますが、フェードを打っても無駄なバックスピン量が増えない設計となってます。

  • ヘッド体積:430cc
  • ロフト角:10度
  • ライ角:60.5度
  • ヘッド重さ:約190~197グラム(ウェイトで調整可能)
飛ぶドライバー 2023年