PING G430 HL MAX ドライバー、PING G430 HL SFT ドライバー

スポンサーリンク

 

PING G430 HL シリーズ

HLの意味は、High Launch(ハイ・ローンチ)です。高い打ち出しで打てるという意味です。

HLシリーズは従来のG430シリーズのドライバーと比べて軽量化が図られてます。ヘッド、シャフト、グリップまでもが軽量化されており振りやすくなってますし、軽いから速く振れるのでヘッドスピードが速くなり飛距離アップできます。

また、クラブ長さは46インチとなっており従来のドライバーよりも少し長くなってますので、その分だけヘッドスピードが速くなります。

つまり軽量だから速く振れるけど、併せて46インチなので更にヘッドスピードが速くなって飛ばせるというドライバーです。実際に打ってみると本当に飛距離アップできますし、スピン量も増えにくいので飛ばせるドライバーと言えます。

 

ヘッドの特徴

従来のG430シリーズのドライバーの比べてウェイトが軽いので軽量ヘッドとなってます。
ヘッドが効き過ぎずに振りやすさが追求されてます。

高慣性のMAX、捕まりのSFT 2種類のヘッドが用意されてます。

スポンサーリンク

シャフトに関して

シャフトは2種類用意されており、どちらも軽くて長くて振りやすい設計となってます。

FUJIKURA SPEEDER NX 35

  • 長さ:46インチ
  • キックポイント:先調子
  • シャフト重さ:38グラム

FUJIKURA SPEEDER NX 45

  • 長さ:46インチ
  • キックポイント:先中調子
  • シャフト重さ:45グラム

 

グリップ

グリップも軽量化が図られており35グラムとなってます。

 

PING G430 HL MAX ドライバー

高慣性ヘッド
軽量+46インチ

従来のMAXドライバーよりも軽量でシャフトが長く(46インチ)なっており、ヘッドスピードを速くして飛距離アップできるドライバーです。軽量化されると当たり負けしやすいイメージがありますが、こちらのPING G430 HL MAX ドライバーは強いインパクトで打てる高慣性な設計となってます。

装着シャフトは、FUJIKURA SPEEDER NX 45 がメインとなりますが、FUJIKURA SPEEDER NX 35(38グラム)も装着可能です。シャフトのフレックスはワンフレックスですので、SやSRなどの概念はありません。

PING G430 HL MAX ドライバー 基本スペック

  • ロフト角:9度、10.5度、12度
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:46インチ
  • 装着シャフト:FUJIKURA SPEEDER NX 45
  • クラブ総重量:約275グラム
PING G430 HL MAX ドライバー購入

 

PING G430 HL SFT ドライバー

捕まるヘッド
軽量+46インチ

ボールの捕まりが良いSFTヘッドのHLです。こちらも高弾道が打ちやすくなってますし、ボールが捕まるので、ハイドローが簡単に打てるドライバーです。もともとスライスが多い人に向いてるモデルです。スライスが減らせる程にボールが捕まりますので、それだけで飛距離アップできます。

こちらも装着シャフト、FUJIKURA SPEEDER NX 35、FUJIKURA SPEEDER NX 45 が用意されてます。

ロフト角は、10.5度のみとなってます。

PING G430 HL SFT ドライバー 基本スペック

  • ロフト角:10.5度
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:46インチ
  • 装着シャフト:FUJIKURA SPEEDER NX 35
  • クラブ総重量:約265グラム
PING G430 HL SFT ドライバー購入

 

関連記事

飛ぶドライバー 2023年