スリーブ付き中古シャフト

中古ドライバーを購入したり、ヘッド単体で購入したときに助かるのがスリーブ付き中古シャフトです。最近、USモデルのドライバーヘッドのみを購入したので、スリーブ付き中古シャフトを別途購入しました。いろいろなシャフトがありますので、紹介をしようと思います。

スポンサーリンク

 

スリーブ付き中古シャフト

スリーブが取り付けられた状態の中古シャフトです。スリーブというのは、シャフトを簡単に脱着させてくれるジョイント部分のパーツです。各メーカー別のスリーブが取り付けられてますので、互換性があるのかどうか注意してください。

スリーブ無し中古シャフト

テーラーメイド M6 D-TYPE ドライバーのヘッド単体を購入しましたので、テーラーメイドのスリーブ付き中古シャフトを探して購入しました。最近は、メルカリなどでも中古シャフトが売られていたりしますが、スリーブ無しだったりすることが多いです。

スポンサーリンク

スリーブ無し(スリーブ抜いた)

スリーブ無しというのは、スリーブからシャフトを抜ているということであり、抜くときに熱して接着剤を緩ませている可能性が高いです。つまり、シャフト自体も熱されている訳ですから、熱に弱いカーボンシャフトは何かしらの悪影響を受けていることが懸念されます。そのような理由からスリーブを抜いた、スリーブ無しの中古シャフトは購入しないようにしてます。

 

カスタムシャフトと標準装着シャフトの違い

ドライバーを購入すると標準装着シャフトが装着されてます。ドライバーを新品で購入するときには、カスタムシャフトを選ぶことができます。カスタムシャフトと標準装着シャフトの違いは、シャフトスペックが全く異なりますし、カスタムシャフトの方がシャフト性能が良いです。

標準装着シャフトもそれなりに良いのですが、クセが無くて、万人向けのシャフトとなってます。
しっかりと振って、飛距離アップを目指したい人は、カスタムシャフトを選んだ方が賢明です。

 

GDOの楽天ショップ(中古シャフト)

スリーブ付き中古シャフトで品揃えが豊富なのが、GDOです。

以下は、スピーダーの中古シャフトです。たまたま、スピーダーのシャフトを探してたということもあり、スピーダーのエボV(5)ばかりを集めてあります。

スピーダー

アッタス

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その他、中古シャフト豊富にあります。

スピーダー、アッタス以外のシャフトもあります。各メーカーの標準装着シャフトも中古で販売されてることもあります。

 

各メーカーのスリーブ

スリーブ無しの中古シャフトを購入した場合、スリーブが必要となります。ゴルフDIYをされてる人は、別途スリーブを購入して装着したりします。

テーラーメイドのスリーブ

上で紹介したツアー支給モデルのドライバーは、ヘッドのみとなっています。テーラーメイドのスリーブは、.335となっており、殆どのモデルが共通となってます。335チップと呼ばれたりもします。約8.5ミリとなります。

M1ドライバー、M2ドライバー、M3ドライバー、M4ドライバー、グローレF2、M5ドライバー、M6ドライバーなどが共通で使用できます。M2ドライバー2017年モデルのシャフトをM4ドライバーに流用することができたりします。

キャロウェイのスリーブ

 

関連記事 | シャフトに関して

飛ぶドライバー 2020年