飛ぶドライバーシャフトの重さと硬さ

飛ぶドライバーは、シャフトに工夫が取り入れられていることが多くあり、シャフトの重さと硬さに工夫があります。ドライバー選びで悩むのは、シャフト選びです。シャフトの重さ、硬さのことに詳しくなれば、シャフト選びで悩むことも少なくなります。

 

ドライバーのシャフトの重さ

最近のドライバーに装着されているシャフトは軽いシャフトが増えてきています。軽い方が速く振ることができ、ドライバーヘッドを勢いよくゴルフボールに衝突させることができます。結果的にボールスピードが速くなりますので、飛距離アップが望めるという理由があるからです。

シャフトの重さとスイングスピードとボール初速の関係

シャフト重さ スイングスピード ボール初速
ドライバーのシャフトが重い スイングスピードが遅くなる ボール初速が遅くなる
ドライバーのシャフトが軽い スイングスピードが速くなる ボール初速が速くなる

シャフトの重さとクラブ総重量の関係

シャフトが軽くても、クラブ総重量が重かったり、軽すぎるとスイングのリズムを崩してしまいますので、注意して下さい。一般的な男性ゴルファーの場合、ドライバーの総重量は、概ね300グラム前後くらいが良いとされていますが、ヘッドスピードが遅いゴルファー、体力が無いゴルファーは、300グラム以下のドライバーの方が無駄なチカラを入れずに振ることができたりします。シャフトの重さ、シャフトの軽さというのは、クラブ総重量に大きく関ってきます。

シャフト重さ クラブ総重量
シャフトが重い 重くなる
シャフトが軽い 軽くなる

 

ドライバーのシャフトの硬さ

ドライバーのシャフトの硬さは柔らかい方が良いのか、硬い方が良いのか悩むことがあります。シャフトの硬さ、柔らかさというのは、トルクで表現されます。トルクというのは、シャフトの柔らかさを表現しますが、捻じれという意味もあります。

硬いシャフト

一般的にはシャフトが硬い方が、シャフトの撓り戻りが速く、強いインパクトで打てるとされています。硬いだけではなく、撓り戻りの速いシャフトは、弾き系のシャフトと呼ばれることもあります。

柔らかいシャフト

柔らかいシャフトの場合、シャフトの撓りがインパクトのエネルギーを吸収してしまって、強い弾きで飛ばせないこともあります。ただ、ヘッドスピードが遅いゴルファーの場合、柔らかいシャフトの方が撓りを活かせて飛ばせることもあります。

シャフトも重さと硬さの関係

シャフトの硬さというのは、シャフトの重さと比例していることがあります。シャフトが重くなることに比例して、シャフトが硬くなります。硬くて軽いシャフトというのもありますが、一般的に市販されているドライバーに装着されているシャフトでは珍しいです。カスタムシャフトで対応するしかありません。

シャフトが硬い シャフトが重い
シャフトが柔らかい シャフトが軽い

 

ヘッドスピードとシャフト

ヘッドスピードとシャフトの重さ、シャフトの硬さの関係を把握しておくと良いです。

ヘッドスピードが速いゴルファー

一般的にヘッドスピードが速いゴルファーは、シャフトが重くて硬い方が良いとされています。

ヘッドスピードが遅いゴルファー

ヘッドスピードが遅いゴルファーの場合は、シャフトが軽くて柔らかい方が良いとされています。

 

シャフトの重さ、硬さ、クラブ総重量の関係

シャフト シャフト硬さ スイングスピード ボール初速 クラブ総重量
重い 硬い 遅くなる 遅くなる 重くなる
軽い 柔らかい 速くなる ボ速くなる 軽くなる

重くて硬いシャフトが良いという訳ではありません。
自分が振りやすいシャフトを見つけることが大切です。

飛ぶドライバー
ドライバーの飛距離を追求するブログ