タイトリストの飛ぶドライバー | TS2、TS3

スポンサーリンク

 

タイトリストの飛ぶドライバー

タイトリストは、以前から難しいゴルフクラブ、アスリート向けのゴルフクラブというイメージが強かったです。最近は、優しく打てるモデルも登場してきました。タイトリストは、独自の研究をしており、他メーカーとは異なるアプローチによりゴルフクラブを開発しています。

アクティブリコイルチャンネル(ソールの溝)、SureFitCGなど独自の理論取り入れて、打ちやすいゴルフクラブを追求しています。

 

TS2、TS3 の特長

ボールスピードを速くするためのスピードシャーシという構造を取り入れています。極薄のチタンクラウン、高初速フェース、ストリームラインドシェイプ、重心設計が組み合わせって構成されています。ヘッドスピードが遅くても、ボールを弾いて、ボールスピードを速くすることができるという構造を取り入れています。難しくて打てないクラブから打ちやすいクラブへとシフトしてきています。

スポンサーリンク

ですから、タイトリストらしくない打ちやすいと言われるようにもなってきました。時代の流れとしては、難しいクラブを使うよりは、優しいクラブ、打ちやすいクラブを選ぶという流れとなっています。

 

タイトリスト TS2 ドライバー


写真:GDOギアカタログ

2018年9月28日発売の最新モデルのドライバーです。2年に1度のアップデートをするタイトリスト待望のニューモデルです。発売されれば、2019年モデルとなるのでしょう。今回のニューモデルは、TS2ドライバー、TS3ドライバーの2種類が発売されます。どちらも共通しているのは、フェース面の弾きが強くなっており、ボールスピードが速くなるという点です。ボールスピードが速くなるということは、飛距離アップが望めます。

標準装着シャフト:Titleist Speeder 519 EVOLUTION

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

タイトリスト TS3 ドライバー


写真:GDOギアカタログ

タイトリストのニューモデルです。TS3ドライバーは、スティック型のウェイト、SureFitCGが取り付けられており、ウェイトを交換することで、重心位置を調整することができます。トゥ側に重心を置いたり、ヒール側に重心を置いたりと微調整をすることができます。

 

917D2、917D3 ドライバー マークダウン

ニューモデルが登場することで、917D2、917D3ドライバーがマークダウンして、価格が安くなります。中古でも購入しやすい価格になりますので、要チェックです。

タイトリスト 917D2 ドライバー
ヘッド体積460ccで慣性モーメントが高く、深重心で直進性を追求したドライバーです。
タイトリスト 917D2ドライバー 中古
タイトリスト 917 D3 ドライバー
ヘッド体積440ccという小振りのヘッドでコントロールしやすいドライバーです。上級者向けのドライバーです。
タイトリスト 917D3ドライバー 中古

 

関連記事

飛ぶドライバー 2019年