グランプリゴルフ | エミリッドバハマ

更新:

グランプリゴルフ | エミリッドバハマ

 

グランプリゴルフ

エミリッドバハマは、愛媛県のグランプリゴルフをつくっている愛媛県松山市の地クラブです。グランプリゴルフのラインナップは、グランプリとエミリッドバハマがあります。グランプリのラインは、かなりハードなつくりとなっており、本当に低スピンなボールが打てるドライバーヘッドとなっています。エミリッドバハマは、グランプリよりは、優しくなっており、シャロー形状のモデルも多いです。グランプリゴルフの最大の特長としては、フェース面裏側に凹凸が設けられており、それはゴルフボールのディンプルのような形状となっているということから、ディンプルフェースと呼ばれています。グランプリゴルフのドライバーには、ディンプルフェースが搭載されており、ルール規定内で最大の反発力が得られます。

非常に低スピンで、強弾道が打てるモデルがラインナップされており、かなりハードな仕様となっています。使うゴルファーが限られてきます。ヘッド形状に関しては、超ディープフェースとなっており、スイートスポット上の有効打点を広げて、スイートスポットを外して、縦のギア効果を最大に活かして、超低スピンで超打球が打てるドライバーです。ウェイトの位置も、フェース面寄りの前に配置しようというのが伝わってきます。超前重心(浅重心)となっているモデルもあります。

超ディープフェースとなっており、完全に低スピンで強弾道を打つことを目指しているドライバーです。重心位置も浅くなっています。写真で確認できませんが、フェース面裏側は、グランプリゴルフが得意とするディンプルフェースが設けられており、反発力が強烈です。某有名メーカーの超低スピンドライバーとか、カーボン採用で低重心で低スピンなドライバーとは、全く別次元の超低スピンとなっています。本当に叩ける人向けのドライバーです。

 

エミリッドバハマ

飛ばしたい、個性派ゴルファーにおすすめ!グランプリよりは、優しくなっており、捉まりの良いモデルもあります。どちらかというと、グランプリよりはシャロー形状となっているので、ボールが上がりやすくなっており、ヘッドスピードが遅いゴルファーでも扱えるモデルが多いです。純正シャフトが良いされており、シャフトのフレックスを選んで、組み立て済みとなっています。これから地クラブを使ってみたいという人におすすめの地クラブです。ビジュアル面も個性的で、ゴルフ仲間に差を付けることができます。

エミリッドバハマ EB-02

シャロー形状となっており、高弾道が打ちやすいヘッド形状となっています。シャローですが、ウェイトの配置が全面に押し出しているので、シャロー形状でありながら、重心深度が浅いという構造になっています。ヒール側にもウェイトが配置されており、程よくヘッドローテーションしてくれるモデルです。どちらかというと、チーピンを抑えて、曲がり過ぎないドローが打てる構造となっています。

 

エミリッドバハマ EB-03

EB-02からマイナーチェンジされた、EB-03ドライバーです。若干ですがディープフェースとなっており、さらに低スピンで強いボールが打てる構造となっています。EB-02から大きく変更された点としては、ネック近くのウェイトが省かれており、ヘッドローテーションが抑えられており、強く叩きに行けるゴルファーが嫌がる左へのミスを軽減させくれます。叩ける、セミディープで浅重心なドライバーとなっています。

ドライバーの飛距離を追求するブログ