グランプリゴルフ | エミリッドバハマ

スポンサーリンク

 

グランプリゴルフ|エミリッドバハマ

グランプリゴルフといえば、エミリッドバハマ。グランプリとエミリッドバハマは、同じメーカー(株式会社グランプリ)が作ってます。かなり飛び性能の高いゴルフクラブを作っています。飛び性能だけではなく、装飾にもこだわっており、アイアンに関しては、グランプリ(エミリッドバハマ)の象徴でもあるライオンマークが彫刻されていたりもします。

グランプリゴルフは、ディンプルフェースで飛ぶ!

全体的に捉まりの良いドライバーヘッドが多いです。高反発モデルのドライバーにディンプルフェース(SLEルール不適合)という、ゴルフボールのように凹凸加工を施したドライバーもあります。高反発+フェース面の凹凸でめちゃくちゃ飛びます。(SLEルール不適合)

リョーマゴルフもディンプルフェースのドライバーを発売していたことがありますが、話が逸れますので、またの機会にして、グランプリのドライバーは、フェース面裏側にゴルフボールのようなディンプルを設けており、ルールギリギリの反発が得られるようになっている、SLEルール適合モデルのドライバーがメイン・ラインナップとなっています。グランプリゴルフは、ディンプルフェースによる反発の高さと飛び性能の高さが人気です。

グランプリ、エミリッドバハマ共に、オリジナルシャフトを装着できるようになっており、シャフト選択で悩むことが無くなり、迷うストレスが減ったと言えます。

ただ、ドライバーヘッドに関しては、ロフト角表記が無かったりしますので、中古で購入する場合には、ショップへの確認を入れた方が良いかもしれません。といっても、ショップの方も判らないこともあったりします。グランプリもエミリッドバハマもボール初速が速いです。モデルによって異なりますが、全体的に捉まりが良いです。一部、捉まりを抑えたヘッドもあります。

 

エミリッドバハマ、グランプリゴルフは愛媛県松山市の地クラブメーカ作

エミリッドバハマ、グランプリゴルフをつくっているのは愛媛県松山市の地クラブです。グランプリゴルフのラインナップは、グランプリとエミリッドバハマがあります。グランプリのラインは、かなりハードなつくりとなっており、本当に低スピンなボールが打てるドライバーヘッドとなっています。エミリッドバハマは、グランプリよりは、優しくなっており、シャロー形状のモデルも多いです。

グランプリゴルフの最大の特長としては、フェース面裏側に凹凸が設けられており、それはゴルフボールのディンプルのような形状となっているということから、ディンプルフェースと呼ばれています。グランプリゴルフのドライバーには、ディンプルフェースが搭載されており、ルール規定内で最大の反発力が得られます。

地クラブだからこその宿命かもしれませんが、グランプリは愛媛県松山のメーカーです。私が居住している地域では、あまり見かけないというのが残念です。流通量が少ないという言い方が適切でしょうか。全くない訳ではないのですが、とても少ないです。ショップで見かけても、来週には売り切れているという感じです。品薄状態なので、あったら買うという人が多いのでしょう。ふるさと納税対象になっている地クラブやゴルフクラブがあるので、もう少し全国へ広がりを見せても良いのではと思ったりもしました。

グランプリゴルフのドライバーは、ヘッドソールの形状が立体的なモデルもあります。普通に低スピンなボールが打てるドライバーとなっており、叩けるゴルファー、ヘッドスピードが速いゴルファー向けとなっています。超ディープフェースとなっており、スイートエリアの上側の有効打点がとても広くなっています。グランプリゴルフ独自のディンプルフェースがフェース面裏側に設けられており、ルールギリギリの反発を実現しています。

ソールのウェイトが手裏剣のような形状となっています。グランプリゴルフは、愛媛県松山市の地クラブですから、愛媛県の松山城(忍者)からとったモチーフだと思われます。なかなか、ユニークです。

グランプリとエミリッドバハマのコンセプトの違い

グランプリ

低スピンで、左ミス減らす、叩けるモデル。
上級者向けモデルが多い。
超ディープフェースのドライバーがある。

エミリッドバハマ

グランプリよりも優しく打てるモデルを追求している。
上級者からアベレージゴルファーまで使えるモデルが多い。といっても、しっかり打てないと飛ばせません。

スポンサーリンク

グランプリ ワンミニッツ 435V

ヘッド体積435cc、小さめのヘッドで丸顔なドライバーです。完全に上級者向けのモデルです。ソールの立体感は薄れて、シンプルな形状となりました。フェースには、TOUR FORGED と刻印されており、ツアー向けの反発性能の高いフェースとなってます。

 

グランプリ ワンミニッツ DS

相変わらずディープフェースで叩けるイメージを持たせてくれるヘッド形状です。ヘッドが返りやすくボールが捕まりやすいです。ディープフェースなので、有効打点を活かして低スピンで強いボールが打てます。また、フェード、ドローの打ち分けもしやすいです。

 

グランプリゴルフ GP-X1

浅重心+低スピンなドライバーです。オリジナルカーボンシャフト装着となっていますので、組み立て済みです。購入しやすいです。価格が安くなっていますので、お買い得です。グランプリゴルフの中でも、シャローなヘッドとなっています。といっても、超低スピンで強いボールが打てます。ネーミングとおり、ワンミニッツ(瞬間的)なボールスピードを体感できるモデルです。

非常に低スピンで、強弾道が打てるモデルがラインナップされており、かなりハードな仕様となっています。使うゴルファーが限られてきます。ヘッド形状に関しては、超ディープフェースとなっており、スイートスポット上の有効打点を広げて、スイートスポットを外して、縦のギア効果を最大に活かして、超低スピンで超打球が打てるドライバーです。ウェイトの位置も、フェース面寄りの前に配置しようというのが伝わってきます。超前重心(浅重心)となっているモデルもあります。

超ディープフェースとなっており、完全に低スピンで強弾道を打つことを目指しているドライバーです。重心位置も浅くなっています。写真で確認できませんが、フェース面裏側は、グランプリゴルフが得意とするディンプルフェースが設けられており、反発力が強烈です。某有名メーカーの超低スピンドライバーとか、カーボン採用で低重心で低スピンなドライバーとは、全く別次元の超低スピンとなっています。本当に叩ける人向けのドライバーです。

 

エミリッドバハマ

飛ばしたい、個性派ゴルファーにおすすめ!グランプリよりは、優しくなっており、捉まりの良いモデルもあります。どちらかというと、グランプリよりはシャロー形状となっているので、ボールが上がりやすくなっており、ヘッドスピードが遅いゴルファーでも扱えるモデルが多いです。純正シャフトが良いされており、シャフトのフレックスを選んで、組み立て済みとなっています。これから地クラブを使ってみたいという人におすすめの地クラブです。ビジュアル面も個性的で、ゴルフ仲間に差を付けることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エミリッドバハマ EB-02

シャロー形状となっており、高弾道が打ちやすいヘッド形状となっています。シャローですが、ウェイトの配置が全面に押し出しているので、シャロー形状でありながら、重心深度が浅いという構造になっています。ヒール側にもウェイトが配置されており、程よくヘッドローテーションしてくれるモデルです。どちらかというと、チーピンを抑えて、曲がり過ぎないドローが打てる構造となっています。

 

エミリッドバハマ EB-03

EB-02からマイナーチェンジされた、EB-03ドライバーです。若干ですがディープフェースとなっており、さらに低スピンで強いボールが打てる構造となっています。EB-02から大きく変更された点としては、ネック近くのウェイトが省かれており、ヘッドローテーションが抑えられており、強く叩きに行けるゴルファーが嫌がる左へのミスを軽減させくれます。叩ける、セミディープで浅重心なドライバーとなっています。

 

関連記事

飛ぶドライバー 2019年