エミリッドバハマ | EMILLID BAHAMA

スポンサーリンク

 

エミリッドバハマ

エミリッドバハマは、地クラブのグランプリから派生した優しく打てるラインナップです。ライオンマークが特徴的です。地クラブというと、かなり難しくて、ハードなイメージがありますが、エミリッドバハマは意外と優しく打てて、優しく飛ばせるモデルが多いです。なので、地クラブ入門と言えます。また、一般的なアベレージゴルファーでも扱えるモデルも多くあります。今まで一般的に市販されてるドライバーしか使ったことのない人でも飛ばせるモデルもあります。

 

エミリッドバハマ EB-03 ドライバー

EB-03ドライバーの特徴としては、ディープフェース+シャローバックというヘッド形状です。つまり、ディープフェースで縦のギア効果を活かして低スピンが打てます。シャローバックで低い重心となってるので高弾道が打てます。

一般的に市販されてるモデルに近い感覚が打てるので人気があります。

 

EMILLID BAHAMA(エミリッドバハマ)EB-05ドライバー

超ディープフェースなヘッドです。ボールが捕まりすぎない、全力で叩けます。長尺対応しており、ヘッド重量が200グラム以下となっており、軽量ヘッドとなってます。長尺で叩いて飛ばすゴルファーに向いてます。ヘッドが返り難い、捕まりを抑えたヘッドとなってます。長目のシャフトでシャローに打っていくと良いです。シャフトとのマッチングがポイントとなります。

 

EMILLID BAHAMA(エミリッドバハマ)EB-33ドライバー

EMILLID BAHAMA(エミリッドバハマ)のドライバーの中でもヘッドが返りやすく、ボールを捕まえやすいモデルです。ソールに合計8個のウェイトが取り付けられており、細かな重心調整が可能となってます。低スピンにしたり、打ち出し角度を高くしたり、ゴルファーに合わせたセッティング可能です。

かなり浅重心となっており、低スピンで強いボールが打てます。また、フェースの反発力が高いからなのか、試打の一発目から飛距離アップを実感します。とにかく飛距離アップしたいという希望を伝えると、EB-33ドライバーを紹介してくれました。打音が甲高くて練習場では少し恥ずかしいかも。

シャフトとの組み合わせによって変わってきますが、ヘッドスピードが遅いゴルファーでも扱えるヘッドです。むしろ、ヘッドスピード40m/s前後くらいで飛距離アップで悩んでるアベレージゴルファーには、ぴったりな地クラブです。

 

関連記事

飛ぶドライバー 2020年