キャロウェイ エピック フラッシュ スター ドライバー 試打評価

キャロウェイ2019年最新モデルのエピックフラッシュスタードライバーを試打しましたので感想を書きます。

スポンサーリンク

 

キャロウェイ エピック フラッシュ スター ドライバー

ロフト角は9.5度、10.5度のどちらか選択が可能です。もともと低スピンが打ちやすい構造となっていますので、ロフト角は10.5度がオススメです。ライ角は微妙にアップライトになっている感じがします。ライ角は59.5度です。

基本スペック
  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:9.5度、10.5度
  • 長さ:45.75
  • ライ角:59.5
  • 純正装着シャフト:Speeder EVOLUTION for CW
  • ペリメイターウェイティング:約16グラム
スポンサーリンク

キャロウェイ エピック フラッシュ スター ドライバー 構造特長

Speeder EVOLUTION for CW シャフトスペック詳細

フレックス シャフト重さ トルク クラブ総重量 調子 バランス
S 52 5.6 293 中調子 D2
SR 51 5.7 292 中調子 D2
R 49 5.8 290 中調子 D2

フラッシュフェース

2019年キャロウェイの最大の特長は人工知能に計算させたフェースを搭載しているという点です。人工知能がフェースの反発力を高めるための形状を導き出しており、左右非対称の不思議な形状をしております。これがフェースの裏面側に配置されており、キャロウェイが得意としているカップフェースとなっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジェイルブレイクテクノロジー

GBB EPIC STAR ドライバーに搭載されてから、キャロウェイのドライバーとフェアウェイウッドには標準装備されるようになりました。ヘッド内部のフェース面近くに2本の柱を取り付けて、ヘッドの無駄な撓みを抑えるようになっています。

ペリメイターウェイティングシステム

遡ると、グレート ビッグ バーサー ドライバーに取り付けられたのが始めてでした。
そして、GBB EPIC STAR ドライバーに取り付けられました。ローグスタードライバーはペリメイターウェイティングシステムがありませんでしたが、2019年エピックフラッシュスタードライバーで復活しました。約16グラムのウェイトを移動させることができます。

ペリメイターウェイティングシステムは、ウェイトをスライドさせて移動させることができます。つまり、重心位置を調整して、ドロー打ち、フェード打ちなどの調整が可能となっており、フレキシブルで自由度の高いドライバーとなっています。

打音と打感

打音はとても甲高い金属音となっており、まるで高反発ドライバーのような感じです。もちろんSLEルール適合モデルです。フェースの弾きが本当に凄いです。打感の方は、完全に弾き系となっており、フェースにボールが乗っているというような感覚は殆ど感じません。

スポンサーリンク

ボールスピード

最近のキャロウェイのドライバーの中でもっともボールスピードが速いドライバーです。GBB EPIC STAR ドライバーを初めて打ったときは、ボールスピードの速さに驚きましたが、それ以上のボールスピードで飛ばせます。

高弾道が打ちやすい

フェース面はディープっぽい雰囲気で、超低スピンなボールが打ちやすいので、ボールが上がり難いと思ったのですが、実際に打ってみるとかなり高弾道が打ちやすくなっています。ただし、明らかに低スピンを打ちやすい構造となっていますので、ヘッドスピードが遅いゴルファーは、注意した方が良いです。

エピック フラッシュ スター ドライバー購入

有賀園ゴルフオンラインAGO

Speeder EVOLUTION for Callaway シャフト装着モデルです。
キャロウェイ エピック フラッシュ スター ドライバー

アトミックゴルフ

 

エピック フラッシュ スター ドライバー 中古購入

エピックフラッシュスタードライバーも中古市場での品数が増えてきました。コスト抑えて購入したい場合、中古がおすすめです。Speeder Evolution for CWカーボンシャフトが装着された中古を紹介します。

 

関連記事

飛ぶドライバー 2019年