テーラーメイド 2018年モデル M3ドライバー、M4ドライバー

 

 

テーラーメイド 2018年モデル M3ドライバー、M4ドライバー

テーラーメイドの最新モデル M3ドライバー、M4ドライバーの紹介です。2018年のテーラーメイドの特長は、大きく2つあります。ツイストフェースとハンマーヘッドです。順番に紹介をしていきます。

超低重心

テーラーメイドのドライバーは、ヘッドクラウン部分にカーボンを多く使用しており、超低重心となっています。低重心になっているからこそ、飛び性能を持たせることができる構造となっています。
低重心ドライバー の メリット

ツイストフェース

ツイストフェースは、革新的なテクノロージです。簡単にいってしまうと、フェースが捻じれています。その捻じれ方というのが、トゥ側の上部だけがオープンフェースとなっており、ヒール側の下部は、クローズになっているという特殊なフェース形状となっています。従来のドライバーの場合は、フェース面が丸みを帯びていますが、テーラーメイド M3、M4 は フェースが捻じれています。

ツイストフェースの効果

トゥ側でボールをヒットするとギア効果により、ボールが少し右に飛び出して、フック回転が発生し、ドローボールとなります。ヒール側でボールをヒットするとギア効果により、ボールが少し左に飛び出して、スライス回転が発生し、フェードボールとなります。

従来のドライバーの場合は、このギア効果が強く掛かりすぎてしまい、チーピンになったり、極端なスライスとなってしまうことがあります。テーラーメイドのツイストフェースは、ギア効果を最適な曲り幅にすることで、出来る限りストレートボールに近い弾道で打てるという構造になっています。ですから、M3ドライバー、M4ドライバーの紹介では、曲がらないドライバーと紹介されていることもあります。

本当に曲がらないのか?

ツイストフェースであっても、カット打ちになったり、極端にサイドスピンが発生するような打ち方をしてしまうと、曲がってしまいます。絶対に曲がらないという訳ではありませんので、注意して下さい。

ローリー・マキロイ「ツイストフェース」を語る

ハンマーヘッド

もうひとつ特徴があり、ハンマーヘッドと名付けられた仕組みが、飛び性能を向上させています。名前からして、ヘッドが重くなっているのかと思われますが、ハンマーヘッドは、ソール側に配置された溝(スピードポケット)のことです。この、スピードポケットは、2015年に発売された、エアロバーナードライバーから、引継ぎなら進化してきた、高い反発を得るための構造です。

2018年モデルのM3ドライバー、M4ドライバーは、スピードポケットを3つに分割することで、トゥ側にヒットしても、ヒール側でヒットしても高い反発が得られるような構造となっており、フェースでボールを強く反発してくれます。テーラーメイド曰く、ハンマーヘッドを搭載することで、ルール範囲内で高い反発が得られる構造となっており、最大の反発係数が得られるとしています。M3ドライバー、M4ドライバーが飛ぶという理由としては、ハンマーヘッドにより、反発力の最大化が大きいです。

実際に、M4ドライバーを使用した、ダスティン・ジョンソンが430ヤードというビッグキャリーを叩きだしました。また、人気の高いジェイソン・デイは、M3ドライバーで、平均ドライビングディスタンス319.9ヤードをマークするなど、PGAツアー選手のドライビングパフォーマンスに大きく貢献しています。これは、ハンマーヘッドの威力が大きいと考えています。つまり、反発係数の高いドライバーは、飛ぶということです。

ツイストフェースとハンマーヘッドの相乗効果

M3ドライバー、M4ドライバーの飛び性能としては、ツイストフェースとハンマーヘッドの相乗効果がとても強いです。打点がズレても、ギア効果を最適にしてくれるツイストフェースと、打点がズレても強く反発してくれるハンマーヘッドにより、従来のドライバーよりも、効果的で適切な曲り幅で高い反発で飛ばせるドライバーということです。

目次に戻る

 

 

テーラーメイド M4 ドライバー


写真:Taylormade

 
M4ドライバーは、様々なレベルのゴルファーでも扱えるスペックとなっており、直進性の高いボールを優しく打つことができます。ハンマーヘッドにより、高い反発で確実に飛距離アップが望めるモデルです。今までのテーラーメイドのドライバーの中で、もっとも反発が強く、今まで以上のキャリーを望めます。殆どのゴルファーが実感できます。

M4ドライバースペック

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:9.5、10.5
  • ライ角:58度
  • 純正シャフト:FUBUKI TM-5(S、SR、R)
  • 長さ:45.75インチ

FUBUKI TM-5シャフト スペック

フレックスSのシャフトは、ヘッドスピード40m/sくらいのゴルファーでも扱えます。自身が無い場合は、フレックスSRくらいがお勧めです。ヘッドスピード40m/s以下の場合は、フレックスRが向いています。総じて、トルクが多くなっていますので、シャフトの撓りを感じて、ヘッドを加速させることができます。

フレックス トルク シャフト重さ クラブ総重量 バランス
S 4.6 54 299 D2.5
SR 5.0 52 297 D2.5
R 5.2 50 295 D2.5

その他、装着可能なシャフト

  • Speeder 661 evoIV
  • Speeder 569 evoIV
  • Tour AD IZ6
テーラーメイドM4ドライバー購入
【送料無料】テーラーメイド M4 ドライバー

目次に戻る

 

 

テーラーメイド M3 ドライバー


写真:Taylormade

 
ヘッド体積が430cc、460cc の 2モデルあります。上級者向けのモデルとなっています。

装着可能シャフト

  • KUROKAGE TM5
  • Speeder 661 evoIV
  • Tour AD IZ6
  • Diamana RF60
  • ATTAS COOL6

目次に戻る

 

 

テーラーメイド Spider TOUR / Spier Arc パター

ダスティン・ジョンソン、ジェイソン・デイが使っているパターです。世界ランキング1位のダスティン・ジョンソンが使っていることから、まさしく世界1位のパターです。テーラーメイド独特のスパイダー形状のヘッドと高い慣性モーメントで、しっかとしたストロークを実現してくれるパターです。

目次に戻る

 

 

その他、テーラーメイド関連

テーラーメイド M3 ドライバー 2018年モデル 詳細紹介
テーラーメイド M4 ドライバー 2018年モデル 詳細紹介
テーラーメイド M2 ドライバー 2016年モデル 詳細紹介
テーラーメイド グローレ F2 ドライバー 詳細紹介
ドライバーの飛距離を追求するブログ