スポンサーリンク
スポンサーリンク

和宏エンタープライズ | ミステリー

スポンサーリンク

 

ミステリー PROTO 460 Tour Limited ドライバー


写真:mystery-jp.com

2017年~2018年モデル

フェース面

フェース面には、DAT55Gを使用しています。また、フェースにはレーザー加工によるミーリングが施されており、インパクト時のボールの滑りを抑えようという工夫が取り入れられています。ボールが滑らないということは、捉まりが良いということです。実際、地クラブにしては、優しく打てるモデルとなっています。また、フェースの弾きも良くなっています。ミステリーもアベレージから上級者まで幅広く使えるモデルであると公表しています。

スポンサーリンク

捉まりが良い

FP(フェースプログレッション)も大きくはいっており、構えた瞬間に、捉まりの良さが伝わってきますで、とても安心感を持ってアドレスにはいることができます。

写真を見てわかるように、ソール側のトゥ側が大きく切り込みが入ってます。これは、トゥ側が肉薄になっており、トゥ側が軽くなっています。すると、ネック側、ヒール側に重さが偏りますので、自然とネック軸周りの慣性モーメントが高まり、ヘッドローテーションがしやすい、捉まりの良い構造となっています。

バルジとロール

また、フェース面にバルジとロールが少なからず入っており、ギア効果を感じさせてくれます。最近のドライバーは、フェース面が水平垂直となっており、フェアウェイウッドのような感じとなっていますが、ミステリーのPROTO460TourLimitedは違います。

捉まるし、高弾道が打ちやすいし、フェースは弾くし、バルジとロールで適切なギア効果が得られるとなれば、本当に素直なモデルということが判らるはずです。ドライバーらしい、ドライバーと言えます。

ミステリー PROTO 460 Tour Limited ヘッド ヘッドスペック

ヘッド体積 458cc
ロフト角 9、9.5、10、10.5、11、11.5
ライ角 59度
フェース高さ 58mm
重心高 36.6mm
重心深度 37mm
重心距離 37mm
重心角 21度
ヘッド重さ 196.5g

 

ミステリー PROTO 460 Tour Limited 中古購入

 

 

ミステリー Proto 453 ドライバー


写真:mystery-jp.com

ミステリー Proto 453 ドライバーは、ノーマルタイプ、ブラックタイプがあります。ヘッドのカラーリングが異なります。コンポジットなヘッド構造となっており、低重心設計で当たり前のように低スピンなボールが打てるモデルとなっています。ヘッドクラウンに、高強度カーボンを採用しており、超低重心設計のドライバーとなっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミステリー Proto 453 ドライバーが登場したのが、2011年~2012年にかけてです。この時代で、既にヘッドクラウン部分にカーボンを採用するというアイデアを取り入れていたモデルです。インパクト瞬間にヘッドが撓んで、その撓み戻りを感じる事ができる、独特な打感となっています。そして、高弾道が打ちやすいモデルです。

重心距離は、短い感じではないのですが、重心角(重心アングル)が大き目となっており、ヘッドローテーションがしやすくなっています。と、いってもスライスを減らせる程ではありません。チーピンなどの左ミスを抑えられる構造となっています。

最近の新しいモデルのドライバーとは違って、フェース目にバルジとロールが少なからず入っており、昔ながらのギア効果を感じて飛ばすことができます。飛び出し方向が違っても、ギア効果により戻りやすくなっています。本来、ドライバーってそういうギア効果を持たせていたのが普通だったんですけどね。

 

ミステリー Proto 453 ドライバー ヘッドスペック

ヘッド体積 453cc
ロフト角 8.5、9、9.5、10、10.5、11
ライ角 59度
フェース高さ 57.5mm
重心高 36mm
重心深度 35mm
重心距離 36mm
重心角 21度
ヘッド重さ 197g

ミステリー Proto 453 ドライバー 中古

飛ぶドライバー 2019年