超高反発で飛ぶドライバー(地クラブ編)

どうしても飛ばしたい人、一般的に市販されてるドライバーでは満足できない人に向いてるのが超高反発モデルのドライバーです。一度、使ったらもう病みつきです。

スポンサーリンク

 

ミステリー プロト 460 リミテッドエディション 高反発

SLE不適合モデル・高反発モデル

ミステリーの高反発モデルです。フェース面にはDAT55素材を使用しており、極薄で反発の高いフェースとなってます。レーザー加工によるミーリングが施されており、ボールが滑るのを防いで、捕まったボールが打てます。反発係数が約0.85くらいとなっており、ヘッドスピードが速いゴルファーの場合、フェース割れの可能性が高いです。だけど、確実に20~30ヤードくらいは飛距離アップできます。

本当によく飛ぶし、人気があるので、中古市場も品薄状態です。

スポンサーリンク

 

ムジーク ターフライダー 480 撃速 高反発

SLE不適合モデル・高反発モデル

DAT51を使用したオリジナルのカップフェースを採用した、超高反発ドライバーです。反発係数は0.87で、ヘッド体積は480ccとなってます。誰が打っても飛距離アップできます。

インパクト時のエネルギーを確実に飛距離につなげます。

 

ムジーク On The Screw Xspire XR 高反発ドライバー

SLE不適合モデル・高反発モデル

ターン力で飛ばすというのがキャッチです。インパクトに向けてヘッドが返ってくる(ターン)ことで、ボールを捕まえて飛ばせます。こちらのモデルはヒール側にウェイトを配置して、ヘッドターンがしやすい、ドローバイヤスの入ったモデルとなります。SLEルール適合モデルと高反発モデルがあります。

高反発モデルはヘッドにロフト角が表記されます。
フェース面には、DAT51素材を使用しており反発力の高いモデルとなってます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

リョーマゴルフ MAXIMA Special Tuning

SLE不適合モデル・高反発モデル

リョーマゴルフのフラグシップモデルとなる、MAXIMAの高反発モデルです。従来モデルよりも約20ヤード程度飛距離アップできます。ヘッドスピード44m/s以上のゴルファーは、フェース割れの恐れがあるので使用しない方が無難です。

リョーマゴルフ独特のヘッドの撓みが活かされて、低スピンで、棒球で、高初速なボールが打てます。

 

アーチゴルフ AGP01 高反発モデル

SLE不適合モデル・高反発モデル

バルジとロールがしっかりと設けられた、ラウンド型のフェースにより適切なギア効果が得られます。かなりの高初速が得られるドライバーヘッドです。

 

地クラブの高反発モデル

有名な地クラブメーカーの高反発ドライバーは、本当に飛距離アップできます。簡単に20ヤードくらい飛距離アップできるモデルが多いです。もともと地クラブは性能の高いヘッドを設計してますし、SLEルール適合モデルとSLE不適合モデル、どちらも製造してるメーカーが多いです。また、フェース面には高強度のDAT55などを使用して、肉薄なフェースとして、高反発加工されたモデルが多いです。

SLEルール適合モデルでも反発性能が高いのに、さらに高反発にすることで、誰でも飛距離アップできるドライバーとなってます。
ただし、お値段はけっこうします。

 

関連記事

飛ぶドライバー 2020年