本間ゴルフ ビジール 535 ドライバー 2018年モデル


GDOギアカタログ

 

このドライバーの最大の特長としては、重心角が大きくなっており、25度となっています。完全に捉まり重視のモデルとなっており、誰でもヘッドを返しやすい、適切なフェースローテーションができるドライバーとなっています。スライスを減らして、直進性を高めたドライバーショットを実現してくれます。カタログには表記されていませんが、基本的に本間ゴルフのドライばーは、シャフトが装着されるホーゼル周りのヘッドクラウン部分が肉厚となっており、ネック軸に向けて重さを集中させています。これも、ヘッドターンのしやすさを手伝ってくれています。ソール側のウェイトは、7グラムとなっており、交換できません。ロフト角は、9.5、10.5から選択できます。

重心角が大きい

重心角25度となっています。ヘッドを返しやすくなり、捉まりが良くなります。

 

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

ソールのスリットでオフセンターヒットに強い

ソール側には、GROOVE POWER AREAという、変形形状のスリットが設けられています。打点がズレても、強い反発で飛ばせるようになっています。

 

重心距離

ロフト角 重心距離
9.5 40mm
10.5 40.5mm

 

重心深度

ロフト角 重心深度
9.5 39mm
10.5 39.5mm

 

VIZARD for Be ZEAL シャフト スペック

シャフトは、先中調子となっています。ソフトなスペックとなっており、トルクが多めとなっています。長さは、45.75インチです。

フレックス トルク 振動数 シャフト重量 クラブ総重量 バランス
S 5.6 244 51 296 D2
SR 5.7 236 49.5 295 D2
R 5.8 228 48 292 D1

 

 
スポンサーリンク

2018年シーズン イ・ボミが使用するドライバー

ビジール535ドライバーは、イ・ボミが2018年シーズン メインで使うドライバーになるとのこと。それだけで、話題のドライバーとなりそうな予感がします。イ・ボミは、ビジール535ドライバーに、シャフト VIZARD EX-A 55 フレックスR を装着して使用するとのことです。

VIZARD EX-A 55 フレックスR

シャフト重量 トルク 振動数 チップ径 / バット径
54.5 4.35 256cpm 836mm / 15.3mm

 

本間ゴルフ ビジール 535 ドライバー 購入

ドライバーの飛距離を追求するブログ