ディープバック と シャローバック

更新:

ドライバーヘッドのバック(後ろ側)の形状の意味を知ることで、そのヘッドの特徴を知ることが出来ます。ドライバーヘッドのバック(後ろ側)はフェース面と同じ様にディープバック、シャローバックがあります。

ディープバック と シャローバック 目次

スポンサーリンク

 

ディープバック

 

ディープバックとはフェースの後ろ側に厚みがあり高さがある形状のことです。
ディープバックは重心が浅くなるので、バックスピン量を抑えることができます。
重心が浅くなるというのは重心がフェース側に置かれていると考えると判りやすいです。
スポンサーリンク

目次に戻る

 

 

シャローバック

 

フェースの後ろ側が薄くなっており、低くなっている形状のことです。
シャローバックは重心が深くなっており、ボールを上げやすいです。
重心が深くなるというのは重心がフェース側から離れていると考えると判りやすいです。

目次に戻る
 

 

フェース形状・ヘッド形状 まとめ

フェース形状にはディープフェース、シャローフェースがあります。ドライバーヘッドのバック(後ろ側)にもディープとシャローがあります。これらの形状を包括して一般的にはディープヘッド、シャローヘッドに分類されています。

 

シャローヘッドは深重心
・フェースが上下に薄い
・ヘッド後方が薄くなっている
・重心が低い(低重心)
ディープヘッドは浅重心
・フェースが上下に厚い
・フェース側にヘッドボリュームがある
・重心が高い

目次に戻る

飛ぶドライバー
ドライバーの飛距離を追求するブログ