テーラーメイド M2 ドライバー 2016年モデル

更新:

クラウン部分に黒いカーボンを使用した黒色と白色のツートンカラーが衝撃的だったテーラーメイド M1ドライバーが発表された後に、M2ドライバーが発表されました。2017年モデルのM2ドライバーの紹介はこちら

スポンサーリンク

 

テーラーメイド M2 ドライバーの特長

テーラーメイド M2 ドライバーは、クラウン部分にカーボンを使用しているドライバーですが、M2ドライバーの方が優しさがあるようです。カーボンを使用したクラウン部分は、グラファイト・コンポジット・クラウンと呼ぶそうです。テーラーメイド M2 ドライバーは、M1ドライバーよりも、やや軽量化されたヘッドが装着されていることと、ソール側のウェイトがありません。故にシンプルになったと言えます。

とても低スピンなボールが打ちやすい構造となっており、パワーが無いとボールが上がり難いこともあります。また、アスリート向けのドライバーとなっていますので、左のミスを抑えた、フェードが打ちやすい構造となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

テーラーメイド M2 ドライバーの特長としてはクラウンがカーボン( グラファイト・コンポジット・クラウン )となっており、ヘッドが軽量化され、更に低重心となっています。また、ヘッドが軽くなることで振りやすさに繋がります。M2専用のスピードポケットが設けられており、ボールスピードを速めることが出来ます。併せて、±2°のロフト調整機能で自分好みの弾道に調整をすることが出来ます。

  • グラファイト・コンポジット・クラウンを採用して余剰重量を低い重心位置に配置
  • 重心位置を低くしたことにより、スイートエリアの寛容性が高まった
  • MOI値の向上
  • グラファイト・コンポジット・クラウンとスピードポケットの相乗効果によりボール初速アップ

目次に戻る

 

 

テーラーメイド M2 ドライバースペック

  • ヘッド素材 : チタン[6-4ti]+グラファイト・コンポジット・クラウン
  • フェース素材 : チタン[6-4ti]
  • ロフト角 : 9.5° / 10.5° / HL(12°)
  • ヘッド体積 : 460cc
  • ライ角 : 58°
  • 標準シャフト : TM1-216
  • 長さ : 45.75インチ
  • キックポイント : 先中

目次に戻る

 

 

TM1-216 フレックス別 スペック

テーラーメイド M2 ドライバーの標準シャフトであるTM1-216は、アベレージ向けとなっており、トルクの数字が大きく、シャフト重量も軽い部類となっています。非力でヘッドスピードが遅いゴルファーはフレックスR が良いでしょう。
 

フレックスS

  • クラブ重量:297グラム
  • シャフト重量:52グラム
  • トルク:4.5
  • バランス:D3.5
フレックスSR

  • クラブ重量:292グラム
  • シャフト重量:47グラム
  • トルク:4.8
  • バランス:D3.5
フレックスR

  • クラブ重量:290グラム
  • シャフト重量:45グラム
  • トルク:5.1
  • バランス:D3

目次に戻る

 

 

テーラーメイド M2 ドライバー 2016年モデル 中古

目次に戻る

 

その他、テーラーメイド関連

テーラーメイド M3 ドライバー 2018年モデル 詳細紹介
テーラーメイド M4 ドライバー 2018年モデル 詳細紹介
テーラーメイド M2 ドライバー 2017年モデル 詳細紹介
テーラーメイド M2 ドライバー 2016年モデル 詳細紹介
テーラーメイド グローレ F2 ドライバー 詳細紹介

 

関連記事

飛ぶドライバー 2019年