タイトリスト TS1 ドライバー

タイトリストから新しいドライバーが登場します。TS1ドライバー、TS4ドライバーです。
こちらでは、TS1ドライバーを紹介します。

2019年7月5日 発売予定

スポンサーリンク

 

タイトリスト TS1 ドライバー

ソールを見るだけでフェースの弾きが強そうなイメージが伝わってきます。そして、ウェイトがヘッドの後方に配置されており、低重心+深重心となっています。これにより、慣性モーメントを高くして、直進性の高いボールが打てる構造となっています。ウェイトの配置の仕方は、テーラーメイドM6ドライバーにソックリです。

スポンサーリンク

シャローフェース

フェースは、シャローフェースとなっています。どちらかというと縦幅が狭いフェースです。なので、スイートエリアで打ちやすくなりますし、ミート率が上がって、初速を速めることができます。

横長のヘッド形状

ヘッドを上から見ると、横長のシャロー形状なヘッドとなっています。キャロウェイのローグ、フラッシュスターに似ています。ヘッドを後方に伸ばすことで、ヘッドを後ろから押して、加速させるという力学作用を活かすことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タイトリスト TS1 ドライバー特徴

タイトリストのドライバーの中でも、かなりヘッドが軽量化されているモデルです。そして、余剰重量を利用して超低重心化に成功しています。そして、ウェイトの配置位置をヘッドの後方にすることで、重心深度を深くして、慣性モーメントを高くしています。慣性モーメントが高いので、ドライバーヘッドが加速しやすくなりますし、フェースの反発力も高くなります。これこそが、タイトリストが目指しているボールスピードをアップさせる仕組みです。

TS2ドライバーとVG3ドライバーが融合した感じ

TS2ドライバーとVG3ドライバーが融合したような、優しく打てるドライバーとなっています。シャフトの方も長さが、45.75インチとなっています。なので、TS1ドライバーが飛ぶ!とメディアで紹介されているのは、長目のシャフトの好影響でヘッドスピードが速くなっているからとも言えます。

シャフトを長くすれば、ヘッドスピードが速くなりますし、ボールスピードを速くなります。

基本スペック

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:9.5、10.5、12.5
  • 長さ:45.75インチ

装着可能シャフト

  • Titleist Diamana 50
  • Titleist AiR Speeder

タイトリスト TS1 ドライバー 購入

タイトリスト TS1 ドライバー

飛ぶドライバー 2019年