プロギアの飛ぶドライバー

スポンサーリンク

 

プロギア RS E ドライバー

プロギア2019年最新モデルのドライバーです。従来のRSシリーズ同様にフェースの弾きがとても良いモデルです。従来のRSシリーズと異なるのは、Easy(イージー)という点です。つまり、簡単で優しいということです。簡単に捕まったボールが打てますし、簡単に高弾道が打てるというのが最大の特長です。

スポンサーリンク

プロギア RS E ドライバー 試打した感想

実際に打ってみたところ、ボールの捕まりがとても良い印象がありました。ダウンスイングから、インパクトにかけてヘッドが返りやすいです。素振りをしていても、ヘッドの返りやすさを感じます。もともと、フックボールを打ちやすい人の場合、チーピンが増える可能性がありますので、注意が必要です。

純正装着シャフト RS E専用 Speeder EVOLUTION for PRGRフレックス SRでクラブ総重量が300グラムとなっています。

推奨ヘッドスピード

ヘッドスピード38~42m/s前後くらいのゴルファーに向いてます。

プロギア RS E ドライバー 特長

  • 重心角:34度
  • ライ角:59度
  • クラブ長さ:45.5インチ
  • 装着シャフト:RS E専用 Speeder EVOLUTION for PRGR
  • キックポイント:中調子

プロギア RS E ドライバー 購入

 

プロギア RS RED ドライバー

プロギア2019年最新モデルのREDドライバーです。従来のRSシリーズよりもかなり優しくなっています。非力なゴルファーが扱えるスペックとなっています。クラブ総重量も280グラム以下となっており、無駄なチカラを使わなくても振って飛ばせるドライバーです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プロギア RS RED ドライバー 試打した感想

実際に打ってみたところ、長くて、軽くて、捕まったボールが打ちやすいという印象を受けました。長さは46インチとなっており、RS E ドライバーよりも少し長いです。なので、長尺ドライバーに分類されます。長尺ドライバーにありがちなハンマーバランスではないので、とても振りやすいです。RS E ドライバーよりもヘッドが返りやすいイメージがありました。少しフェースを開いて打っても、ほとんどスライスせずに、真っ直ぐに飛ばせます。

推奨ヘッドスピード

ヘッドスピード33~38m/s前後くらいのゴルファーに向いてます。

プロギア RS RED ドライバー 特長

  • 重心角:31.5度
  • ライ角:59.5度
  • クラブ長さ:46インチ
  • 装着シャフト:RS RED専用 Speeder EVOLUTION for PRGR
  • キックポイント:元調子

プロギア RS RED ドライバー 購入

 

プロギアのドライバーの特長

プロギアのドライバー全体的にいえることなのですが、とにかくフェース面の反発力が高いです。そして、ボール初速アップが狙えますので、飛距離アップすることができます。もともと、高反発ドライバーを開発していたこともあり、フェース面の反発力を高めたモデルを開発するのには慣れているといえます。

そして、反発力が高いだけではなく、重心角を大きくして、ボールをしっかりと捕まえて飛ばせられる構造を取り入れています。ボールを捕まえなければ、フェース面の反発力を活かすことができませんので、その辺りを考慮しているのだろうと思われます。

スイートエリアが広がっており、反発係数0.81以上の反発が得られるようになっています。

飛ぶドライバー 2019年