プロギア RS E ドライバー 2019年モデル

2019年4月19日発売予定

RS E の意味は、RS Easy (アールエス・イージー)という意味です。つまり、優しく、簡単に飛ばせるということです。

2019年モデルのRSEドライバーは反発力の高さだけではなく、重心角を大きく入れて、ボールを捉まえて飛ばせる構造となっています。捉まらなければ、フェースの反発力を活かすことができないかだろうと思います。

また、重心深度も深くなっており、高弾道が打ちやすくなっています。構えてみると、フェース面はスクエアとなっており、少し開いているかのように見えます。ですが、重心角が34度となっており、誰が打ってもスライスしない、完全に捉まったボールが打てる構造となっています。去年くらいから捉まるし弾きの良いドライバーが増えてきていますが、プロギアのRSEドライバーのように重心角34度という、大きく入っているモデルはとても珍しいです。

重心角が大きい、ドローバイヤスが入っている

テーラーメイドのMグローレドライバーも捉まりが、重心角が約30度となっていますので、最近のドライバーの中ではもっとも重心角が大きく入ったドライバーと言えます。前作までは、RSドライバー、RS-Fドライバーというヘッドが2種類用意されていましたが、2019年モデルは優しく飛ばせることにベクトルを向けているようです。

RS E ドライバー 特長

  • 重心角:34度
  • 深重心:45ミリ
  • ライ角:59度

Speeder EVOLUTION for PRGR スペック

プロギア RS E ドライバーの純正シャフトは、Speeder EVOLUTION for PRGR となります。

フレックス シャフト重さ トルク クラブ総重量
S(M43) 54 5.2 308
SR(M40) 47 5.5 300
R(M37) 44 7.0 298

プロギア RS E ドライバー 2019年モデル

2019年4月19日発売予定となっていますが、GDOショップより購入予約が可能です。

 

関連記事

飛ぶドライバー 2019年