重心角・重心アングル

更新:

ドライバーの重心角・重心アングルの説明です。ドライバーの捉まりの良さを左右する要素です。重心角・重心アングルが大きいドライバーはスライスし難いですし、直進性が高くなります。

スポンサーリンク

 

重心角(重心アングル)

浅重心、低重心で低スピンが打てるドライバーは、当たり前となりました。昨今、重視されてきているのが、ドライバーの捉まりです。可能な限り、スライス回転を減らして、直進性の高い弾道が打てるような工夫が取り入れられつつあり、捉まり重視のドライバーが増えてきました。

ドライバーの捉まりに影響を及ぼすのが、重心角(重心アングル)です。重心角(重心アングル)は、そのドライバーの捉まりに大きく影響してくる要素となります。重心距離と同じように、重要な要素となります。

スポンサーリンク

重心角(重心アングル)のイメージ図

 
重心角は、重心アングルとも呼ばれます。重心角(重心アングル)は、ドライバーを平らな机上に置き、ヘッドを垂らすようにします。すると、ドライバーヘッドが傾きます。この傾きが、重心角(重心アングル)となります。

目次に戻る

 

 

重心角(重心アングル)が大きい方が捉まる

 
基本的にドライバーというクラブは、重心角(重心アングル)が大きい方が、捉まりが良いです。ヘッドを返しやすい、ヘッドターンがしやすいと言われています。ただ、インパクトの瞬間にドライバーヘッドは、衝撃を受けて、フェースが開こうとする挙動をします。ですから、重心角(重心アングル)が大きいドライバーは、ヘッドが開くのを軽減するという言い方の方が適切であると考えています。

目次に戻る

 

 

重心角と重心距離

重心角と重心距離は、似た様な意味がありますが、全く別です。

重心距離

重心距離は、ネック軸から重心位置までの距離

重心角

ネック軸から見た、重心位置の角度のことです。

  • 重心角が大きいと捉まりが良くなります。
  • 重心角が小さいと捉まりが悪くなります。

重心角、重心距離は、ドライバーヘッドの捉まりに大きく影響をする要素となります。スライスを減らしたいと考えているのであれば、重心角が大きくて、重心距離が短いドライバーを選ぶと良いということになります。

 

重心距離よりも重心角(重心アングル)が重要

ドライバーの捉まりやすさ、ヘッドターンのしやすさの目安となっていたのは、重心距離です。重心距離が短いとヘッドターンしやすくて、捉まりが良いとされていました。現代では、ドライバーヘッドの体積は、460ccとなり、大きなヘッドが当たり前となりました。ドライバーヘッドが大きくなれば、自然と重心距離が長くなります。

スポンサーリンク

重心距離が長くても、重心角(重心アングル)を大きく入れて、ヘッドローテーションがしやすい構造にしているドライバーが増えています。重心距離が長くても、重心角(重心アングル)が大きい方が、捉まりが良くなります。

目次に戻る

 

 

重心角が大きいと捉まりやすい理由

基本的に、ゴルフスイングでは、ドライバーのフェースが、90度開いて、90度閉じるようにインパクトし、さらに90度回転してフィニッシュを迎えます。このフェースローテーションのし易さを左右するのが重心角度となります。フェースローテーションの90度ごとの開閉のし易さを手助けてくれるの重心角であり、度数で表記されます。

 

重心角が25度(大きい場合)

例えば、重心角が25度のドライバーの場合、インパクト瞬間のフェースローテーションでは、自然と25度は、クラブ自身がヘッドターンをしてくれます。残りの65度は、自分でフェースローテーションをします。自分でフェースローテーションをする度数が少ないので、フェースが開き難く、閉じやすく、結果的に捉まりやすいということになります。

重心角が15度(小さい場合)

重心角が15度のドライバーは、15度しかフェースローテーションしません。残りの75度は、ゴルファー自身がフェースローテーションをして閉じる必要があります。

重心角は、フェースローテーションのし易さを手助けしてくれる要素となります。

目次に戻る

 

 

重心角の目安

多少の誤差はあるものの、各クラブの重心角(重心アングル)は、以下の表のようになっています。ドライバーの重心角(重心アングル)は、概ね20度くらいとなっているモデルが多いです。

重心角の目安
ドライバー 20度
フェアウェイウッド 22度
ユーティリティ 18度
アイアン 12度

目次に戻る

 

 

重心角(重心アングル)が大きいドライバー

比較的、重心角が大きく入ったドライバーを紹介します。その他にも、重心角が大きく入ったモデルはありますので、一部となりますが、ドライバー選びの参考にしてください。

テーラーメイド Mグローレ ドライバー
重心角が大きくて、テーラーメイドのドライバーの中でも、めちゃくちゃ捉まるドライバーです。スライスが打てなくなるほどです。テーラーメイド最新モデルのドライバーです。とても捉まりが良くなっており、スライスが多い人でも、ドローボールが打てるドライバーです。こんなドライバーと早く出会っていたら、もっと早く良いスコアが出せたのにと思うかもしれません。とにかく、本当に捉まります。
詳細紹介
テーラーメイド グローレ F2 ドライバー
重心角が大きいので、捉まり過ぎる程、捉まります。スライスを打とうと思っても、スライスが打てないくらいに捉まります。スライスを減らしたい人に向いているドライバーです。捉まるし、弾くし、本当によく飛ぶドライバーです。ただ、グローレシリーズの中でもアスリート向けとなっており、ヘッド形状も洋ナシ形状となっており、それなりに上級者向けとなっています。
詳細紹介
キャロウェイ ローグ スター ドライバー
重心角(重心アングル)の数値は、公表されてないものの、重心角が強く入っており、ヘッドの返りが良くなっています。GBB EPIC スター ドライバーよりも捉まるし、高弾道が打てるモデルとなっています。
詳細紹介
テーラーメイド M2 D-TYPE ドライバー USモデル
2017年モデル M2ドライバーのドローバイヤスが入ったモデルです。従来のM2ドライバーよりも捉まりがよく、スライスを減らして飛ばすことができます。
詳細紹介
テーラーメイド M4 D-TYPE ドライバー USモデル
2018年モデル M4ドライバーのD-TYPEドライバーです。ツイストフェースとハンマーヘッド(ソールの溝)を搭載しながら、ドローバイヤスが入った捉まって飛ばせるドライバーです。
詳細紹介
テーラーメイド M6 D-TYPE ドライバー USモデル
2019年 最新モデルのD-TYPEドライバーです。2019年モデルのM6ドライバーのD-TYPEです。フェースの反発係数もルール適合範囲内でギリギリとなっており、今まで以上に捉まって飛ばせるドライバーとなっています。
詳細紹介
本間ゴルフ ビジール 535 ドライバー
本間ゴルフのアベレージ向けドライバーです。重心角が大きくて捉まりやすいだけではなく、バルジとロールが薄くなっており、打点がズレても無駄なギア効果を減らして直進性を高めています。
詳細紹介
グローブライド オノフ 赤 ドライバー 2018年発売モデル
2018年に発売されたオノフ赤ドライバーも重心角が大きく入っており、捉まりやすくなっています。併せて高弾道が打ちやすくなっており、ヘッドスピードが遅いゴルファー、非力なゴルファーでも安定したキャリーを出せるドライバーです。
詳細紹介

目次に戻る

 

 

重心距離・重心角・重心アングル関連記事

飛ぶドライバー 2019年