ブリヂストンの飛ぶドライバー

ブリヂストンは、国産であるからこそ、日本人の体型・体力に見合ったスペックのゴルフクラブを開発してます。ドローバイアスの入ったボールの捕まりやすいドライバーをいち早く開発しつつ、少しでも飛距離アップを狙うゴルファーの武器となるドライバーが多いです。

スポンサーリンク

 

ブリヂストン B2 ドライバー

ぶっ飛びドライバーではありませんが、しっかりとボールを捕まえて、スライスを減らして、直進性の高いボールを打つことができます。すなわち、安定したティーショットにより、平均飛距離アップを目指せます。

ブリヂストンのドローバイアスが入った、ヘッドが返りやすいドライバーです。JGRのようにボールが捕まり過ぎな感じではありませんが、適度にボールが捕まってくれすし、高弾道が打てます。スライスが多い人は、スライスが減らせるくらいにボールが捕まってくれます。

ブリヂストン B2 ドライバー特徴

  • ドローバイアスが入ってる
  • スライスが減らせる
  • 高弾道が打てる
基本スペック

  • ロフト角:9.5度、10.5度
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.25インチ

 

TOUR B X ドライバー

ヘッドクラウンにカーボン素材を多く使用しており、ヘッド重量の軽量化を図りつつ、インパクト時の撓み効果を活かせるヘッド構造となってます。フェース面には、ミーリングが施されており、ボールを噛んで、適切なスピン量で飛ばせる設計となってます。

かなりスピン量が少ないので、ボールに揚力を与えられずに、ドロップ気味のボールとなってしまう可能性もあります。
アッパーブローで打ち出し角度を高くして打つことで、低スピンな棒球で飛ばせます。

TOUR B X ドライバー 特徴

  • 低スピンなボールが打てる
  • 叩いても左に飛び難い
  • ウェイト位置が調整可能
基本スペック

  • ロフト角:9.5度、10.5度
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.25インチ

 

TOUR B JGR ドライバー

ドローバイアスが強く入ったボールが捕まるモデルです。
フェースの弾きが良くなっていることと、打点ズレにも強くなってます。

こちらは、どちらかというとヘッドスピードが遅くて叩けないけど、ボールを捕まえて、フック系の球筋で飛ばしたいゴルファー向けのドライバーとなります。

TOUR B JGR ドライバー 特徴

  • ドローバイアスが入っておりボールが捕まる
  • スライスを減らせる
  • 高弾道が打てる
基本スペック

  • ロフト角:9.5度、10.5度
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.75インチ(装着シャフトによって異なる)
飛ぶドライバー 2021年