ドライバーのシャフトをカットして短くする

ドライバーのシャフトが長くて振りにくいのでシャフトをカットして短くしようと考える人は多いです。ただ、シャフトをカットして短くしてしまえば良いという訳ではありませんので、シャフトカットする前には、よく考えてからにした方が賢明です。

シャフトをカットして短くしてしまうと、クラブ全体のバランス(スイングウェイト)が変わってしまいますから、振り易さ、振り難さに影響を及ぼします。シャフトが長くて打ちにくいからシャフトを切ってしまえと安易に考えるのは止めた方が良いでしょう。

スポンサー広告

 

ドライバーのシャフトカットをした場合

  • ヘッドスピードが遅くなる
  • バランス(スイングウェイト)が変わってしまう

本来のドライバーの性能を100%引き出すことができなくなってしまいます。

 

シャフトカットをするのならば3番ウッド(スプーン)を使う

バランス(スイングウェイト)が軽くなってしまったら、ヘッド側に鉛を貼り付けて調整をすれば良いですが、単純にシャフトカットして、短くしたから、打ちやすくなるという訳ではありません。ただ、ドライバーのシャフトをカットして短くするのであれば、3番ウッド(スプーン)を中古で購入して使う方が賢明かもしれません。

 

シャフトカットをするのならばドライバーを短く持つ

とても簡単で賢い方法があります。ドライバーを短く持つということです。バカにしているわけではありませんし、本当のことです。シャフトカットをすれば、コストが掛かりますし、元の長さに戻せなくなってしまうこともあります。

プロゴルファーのスイングなどをよく見てみると、グリップエンドが余るくらいに短く握っている選手は多く居ます。短く持って、シャープに振りぬいて、精度の高いショットをしようという工夫なのでしょう。

 


 

プロゴルファーは、もともとヘッドスピードも速いですし、パワーもありますから、ドライバーのシャフトを45インチ以下にしている選手は多いです。短くすることで、スイートエリアで的確にボールをヒットさせようと考えているのでしょう。

我々、アマチュアゴルファーの場合は、ドライバーのシャフトを短くしてしまうと、ヘッドスピードが遅くなってしまい、飛ばなくなってしまうこともあります。それこそ、3番ウッド(スプーン)との飛距離差を感じないようになってしまいますから、注意が必要です。

ドライバーのシャフトカットは諸刃の剣とも言えます。

シャフトカットする場合は、専門知識を有したゴルフショップに相談をすると良いでしょう。

 

スポンサー広告

 

関連記事