スポンサーリンク
スポンサーリンク

優しく打てるアスリート向け | スリクソン Z585 ドライバー

大きな変化をしたスリクソンZ585ドライバーを打ちましたので、特徴などを紹介します。

スポンサーリンク

 

スリクソン Z585 ドライバーのヘッド

ヘッドのクラウン部分にカーボンを採用したスリクソンのドライバーです。スリクソンらしくない、スリクソンのドライバーとでも言いましょうか、とても個性的なドライバーとなっています。アスリート向けのイメージが払拭され、とても優しく打てるドライバーとなっています。ヘッドの見た目的には、テーラーメイドか、キャロウェイとかに近い感じがしましたが、よく見ると全く違います。

スポンサーリンク

カーボンを使用した、コンポジット系のドライバーなのですが、打音がとても甲高くて、心地よいです。カーボン系の独特な打音ではありません。カーボンを採用して、低重心化を図っているとのことですが、微妙にバックスピン量は多い感じがします。ヘッドスピードが速いゴルファーは、スピン量に注意する必要があるかと思います。また、カット打ちすると簡単にスライスします。

フェースの弾き

ゼクシオに採用されていたカップフェースを取り入れているということで、微妙にゼクシオに近い感じかと思ったのですが、まったく別です。ゼクシオよりも弾き感が強いように思いましたし、ボール初速が本当に早くなります。ひとつ確実に言えることは、今までのスリクソンのドライバーの中でもっともスイートエリア広いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

多少、打点がズレても弾飛距離を落とすことがありません。そういった意味では、アスリート向けからアベレージ向けのドライバーになったというか、優しく打てるドライバーになったと言えます。

捉まり易さ

スリクソンのドライバーの中でも本当に捉まりやすいドライバーとなっています。捉まりを重視してアップライトとなっていますが、アップライトだから捉まるのではなくて、ヘッドローテーションし易いように重心角が大きく入っていることと、シャフトの中調子により、捉まる動きをしてくれます。左を嫌がるゴルファーには向いてないかもしれません。

シャフト

スリクソンもゼクシオと同じようにインターナショナルフレックス・コードを採用しています。4323です。
Miyazaki Mahana フレックスRを使わせてもらいました。

グリップ

グリップは肉厚な感じがしました。グリップを肉厚にして手元側の重さとヘッド側の重さのバランス調整をしているように感じました。とてもフィット感のあるグリップです。

スリクソン Z585 ドライバー 総評

今までのスリクソンのドライバーの中でも優しく打てるモデルですし、幅広いレベルのゴルファーが扱えるドライバーとなっています。油断するとスライスしやすい傾向がありますので、捉まる、優しいと言えども、フェースをシャットにして打てるゴルファーが向いていると感じました。

スリクソンZ585ドライバー新品購入

有賀園ゴルフオンラインAGO
スリクソン Z585 ドライバー

 

スリクソンZ585ドライバー中古購入

スリクソン585ドライバー | Miyazaki Mahana (S)
スリクソン585ドライバー | Miyazaki Mahana (SR)
スリクソン585ドライバー | Miyazaki Mahana (R)
スリクソン585ドライバー | 中古一覧

 

関連記事

飛ぶドライバー 2019年