ミズノ ST200X ドライバー

スポンサーリンク

 

ミズノ STドライバー テクノロジー

STシリーズ共通テクノロジーの紹介です。基本的に、初速を速くするためのテクノロジー、SPEED TECHNOLOGY の頭文字をとって STと名付けられてます。ボールスピードを速くするための技術という意味が含まれてます。

高初速素材βチタン使用


PHOTO:MIZUNO GOLF

ミズノの過去モデル、高反発モデルに使用されていた素材、ベータチタン使用しており、高強度でありながら、反発性能が高いチタンです。これをフェース面に採用しており、反発力が高く、高初速を実現できるようになってます。その昔、ミズノ S300という高反発ドライバーがありました。その高反発ドライバーに使用されていた反発力の高いチタン合金を使用してます。

つまり、ルールギリギリの反発係数で飛ばせるということです。

また、フェース面の裏側にも工夫が取り入れられており、フェース中心に厚みを持たせ、フェース周囲を薄くしており、フェースの撓みを活かせる構造となってます。

スポンサーリンク

ミズノ ST200シリーズは素材勝負?

今作のST200シリーズのフェース面に使用されるチタン合金は、βチタンと呼ばれる高強度なチタン合金です。その昔、高反発モデルに使用されていたチタンです。よく知られてる SP-700と同じように、非常に反発性能に優れた素材です。

高反発ではありませんが、ルール適合内で高反発で高初速で飛ばせることを目指してます。反発を高めれば、それだけボール初速が速くなり飛距離アップにつながります。

カーボン採用


PHOTO:MIZUNO GOLF

ヘッドクラウン部分にカーボンを採用して、ヘッドの軽量化と低重心化を図ってます。余剰重量を活かして、ウェイトなどを配置して、重心位置をコントロールして、適切な重心位置で飛ばせる工夫を取り入れてます。

WAVEテクノロジーソール


PHOTO:MIZUNO GOLF

ソールのフェース面側に設けられたスリットです。打点がズレても強く弾いてくれますし、スイートエリアを広げてくれます。

 

ST200X ドライバー


PHOTO:MIZUNO GOLF

ヒール側にウェイトが取り付けられており、ボールの捕まりやすさ向上を狙ってます。慣性モーメントが高くなっており、ヘッドの直進性が高く、当たり負けしない強いインパクトで飛ばせます。

実際に打ちましたが、インパクト時にヘッドが自然と返ってくれるのでボールを捕まえて飛ばせます。反発が高いといっても、ボールが捕まらなければ、フェース面の反発力を活かせません。また、かなり低スピンなボールが打ちやすくなっており、バックスピン量を減らせるだけでも飛距離アップが望めます。

装着シャフトに関して

ヘッドスピードが遅い人は、MFUSION S カーボンシャフトでも良いです。ある程度のヘッドスピードがある人は、スピーダー、ツアーADなどを選ぶと良いです。

 

MFUSION D カーボンシャフト

ミズノオリジナルのシャフトです。軽いけど、暴れない、万人向けのシャフトです。

フレックス S SR R
シャフト重さ 49グラム 44グラム 39グラム
トルク 5.6 6.4 7.2
キックポイント 中調子 中調子 中調子
クラブ長さ 45.75インチ 45.75インチ 45.75インチ
バランス D3 D3 D2
クラブ総重量 292グラム 286グラム 280グラム

 

Speeder 569 EVOLUTION VI 装着時

トルク少な目、中調子でしっかりと振っていけるシャフトです。

フレックス S
シャフト重さ 59グラム
トルク 4.6
キックポイント 中調子
クラブ長さ 45.25インチ
バランス C9
クラブ総重量 305グラム

 

Tour AD XC5 装着時

フレックス S
シャフト重さ 56グラム
トルク 4.2
キックポイント 中元調子
クラブ長さ 45.25インチ
バランス C9
クラブ総重量 303グラム

 

ST200 ドライバー

ボールの捕まりを抑えて、左のミスを気にせずに叩けるモデルです。高初速で叩いて飛ばせます。高初速、低スピンでボールを今よりも前に向かって飛ばせます。強いボールが打てるモデルです。ST200ドライバーは、かなりヘッドスピードが速くて、叩ける人向けのドライバーです。

飛ぶドライバー 2020年