BALDO CORSA | バルド コルサ 2020年モデル

バルド 2020年モデルです。4種類のヘッドが用意されており、アベレージゴルファーでも扱いやすいヘッドもあります。それぞれ、特徴などを紹介しますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

 

BALDO CORSA PERFORMANCE シリーズ共通テクノロジー

4種類のヘッドに共通することとして、フェースの素材はDAT55を使用してます。フェースは、レーザーミーリング加工されており、インパクト時のボールの滑りを予防してくれます。バルド独特のボールの食い付きを引き継いでおり、低スピンで強いボールが打てます。

 

BALDO CORSA PERFORMANCE 460

バルド コルサ パフォーマンス 460 ドライバー

4種類のヘッドの中でもっとも優しく打てるドライバーヘッドです。重心角が大きく入っており、ネック軸慣性が大きいのでヘッドローテーションしやすいです。つまり、スライス回転を減らせます。だけど、スライスが治るワケではありません。

地クラブは難しい、BALDO(バルド)は上級者向けという概念を取り払って、敷居を下げてくれるモデルと言えます。重心角(重心アングル)は、約27度となってます。一般的に市販されてるドライバーよりも優しく打てます。

基本的に飛ぶドライバーというのは、反発力だけではなく、ボールが捕まらなければ、フェース面の反発力を活かせません。

はじめて地クラブを使うという人、ヘッドスピードが速くない人向けのモデルです。これから、地クラブを使ってみたいという人に向いてます。

コルサ パフォーマンス 460 基本スペック

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:8.5~11度
  • ライ角:59.5度
  • ヘッド重量:197グラム
  • 重心角:27度

 

BALDO CORSA PERFORMANCE 455

バルド コルサ パフォーマンス 455 ドライバー

ヘッドボリュームが455ccという、やや小ぶりとなってます。そして、ディープフェースで縦のギア効果を活かしながら、低スピンで強いボールが打てるドライバーヘッドです。

スピン量を減らしながら、叩けるモデルです。

コルサ パフォーマンス 455 基本スペック

  • ヘッド体積:455cc
  • ロフト角:8.5~11度
  • ライ角:59度
  • ヘッド重量:199グラム
  • 重心角:22度

 

BALDO CORSA PERFORMANCE 435

バルド コルサ パフォーマンス 435 ドライバー

かなり、小さなヘッドです。ディープフェースで低スピンを意識して、操作性も高いヘッドです。完全に叩けるゴルファー向けのドライバーです。

コルサ パフォーマンス 435 基本スペック

  • ヘッド体積:435cc
  • ロフト角:8.5~11度
  • ライ角:58度
  • ヘッド重量:199グラム
  • 重心角:22度

 

BALDO CORSA PERFORMANCE 380

バルド コルサ パフォーマンス 380 ドライバー

シリーズの中でもっともヘッドが小さいモデルです。ヘッドを小さくすることで、ヘッド重量が軽くなり、余剰重量をソールのパワープレートにして配置してます。これにより低重心となってます。パワープレートの重さが約40グラムですから、ヘッド重量は160グラムとなっており、超軽量ヘッドです。重心角も大きくなっており、ボールの捕まりが良くなってます。

TTXブラッシーに近いヘッド構造を持ってます。といっても、フェアウェイウッドではありませんし、TTXブラッシーのようにヘッドが効いてる(重い)という感じではありません。従来のドライバーよりも、短めいシャフトを装着させて、コントロール重視の短尺ドライバーにすることにも向いてます。

コルサ パフォーマンス 380 基本スペック

  • ヘッド体積:380cc
  • ロフト角:8.5~11度
  • ライ角:58度
  • ヘッド重量:200グラム
  • 重心角:27度
飛ぶドライバー 2020年