自分に合ったドライバーを見つけるための勉強

飛距離アップをしたいというのはゴルファーなら誰でも思うことです。何歳になっても、何年経っても、諦めずに飛距離アップを追求するという気持ちと姿勢が大切です。飛距離アップで大切なのは自分に合ったドライバーを見つけることです。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

ゴルフスイング理論やゴルフスイング技術を教えてくれるようなレッスン・スクールなどはありますが、ゴルフクラブのなかでも最も飛距離が出るドライバーのメカニズム、構造を教えてくれるようなスクールはありません。そして、ゴルフクラブの構造や仕組みを教えてくれることなんて殆どありませんから、自分で勉強をするしかありません。

はっきりって私は今まで無知でした。必死にゴルフというスポーツに取り組んできましたが、ゴルフクラブという道具に対しての関心があまりありませんでした。ですから、低スピンで強いボールを打てるドライバーが発売されたが、どうして低スピンで強いボールが打てるドライバーなのか、そのメカニズムすら理解できていないこともありました。

そして、ドライバーのヘッド形状はいくつかのタイプがありますが、そのヘッド形状の違いが飛び出すボールに対してどのような影響があるのかも知りませんでした。

低スピンなドライバーの場合はボールが上がり難いと言われることもありますが、それはバックスピン量が少なくてボールを浮かせることが出来ないからだろうなということは、なんとなく判っていました。なんとなくです。そうなんです。なんとなくしか理解できないのに、ドライバーを購入したりしてしまうのがいけないのだろうということに気付いたのです。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

ゴルフクラブに関して知識が無い、ドライバーに関してもどのようなメカニズムになっているのかも良く判りませんでした。ならば、自分で調べて、ゴルフクラブの構造、メカニズム、仕組みなどを勉強をするしかありません。ゴルフクラブのことを勉強して、多くの知識をインプットして気付いたことは、私が今まで使用していたゴルフクラブは難しいクラブばかりで、自分のスイングの手助けにならないものばかりであるということに気づきました。

そうなんです。ゴルフクラブは道具です。道具であり、ゴルファーの能力を手助けしてくれるものでもあります。わざわざゴルフというスポーツを難しくするための道具ではありません。今現在よりも簡単なゴルフをする、現状よりも飛ばす、現在よりも楽にするということを手伝ってくれるのがゴルフクラブです。

自分にゴルフクラブの知識が持てるようになると、色々なことが判ってきます。例えば、たかだか数千円の中古ドライバーでも自分が今現在、使用しているドライバーよりも飛ぶ要素が詰まったドライバーがあるということも判ってきます。ならば、自分の知識を活かして、最初から飛ぶ要素が詰まったドライバーを使っていた方が、悩むことなく飛距離アップが望めるドライバーに巡り合える可能性も高まってきます。

もちろん、自分のスイング・リズム、スイングスピード、ヘッドスピード、体力を考慮して選ぶ必要性があります。飛ぶ要素が詰まったドライバーが本当に自分に合っているのかを見極めることも必要となってきます。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

自分に合っているドライバーを探すと簡単に言いますが、本当に自分に合ったドライバーを見つけるのはとても難しいです。自分に合ったドライバーを見極められますか? 私は未だに自分に合ったドライバーに巡り合っていませんから、自分に合ったドライバーを見極めることが出来ていません。だから、未だに勉強中です。ただ、勉強をしてきたので、自分に合うドライバーがどのようなスペックなのかは把握できるようになりました。

それなりにボールを打ってきているのですから、後は自分に合ったドライバーを見つけるだけ。飛距離アップをしたいというのはゴルファーなら誰でも思うことです。私も諦めずに飛距離アップを追求していきます。飛距離アップで大切なのは自分に合ったドライバーを見つけることなのですが、本当に飛距離アップをさせるために大切なのは諦めないことと、飛距離アップをするという気持ちと姿勢を持ち続けることなのではないだろうかと考えています。

飛距離アップを諦めずに!
明日につながるをゴルフを!

ドライバーの飛距離を追求するブログ