ドライバーの飛距離の概念

ドライバーの飛距離を追求していくと、必ず問題になるのはドライバーの精度です。飛距離が出せるということは、比例して速くて強いスイングをしています。速くて強いスイングを常に続けるのは体力的にも難しいですし、常にドライバーのフェースの真ん中でボールを打つことも難しくなってきますので、精度の保ったドライバーショットが難しくなってきます。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

 

プロゴルファーはとてもヘッドスピードが速くて、力強いスイングをしますが、全力のフルスイングではありません。概ね80%の力量で抑えてスイングをしていると言われています。理由としては、力量を抑えてスイングをすることで、ドライバーの方向性・精度を高めて、狙った場所へボールを運ぶことを優先しているからです。と、言ってもプロフェッショナルのアスリートですから平均飛距離は280ヤードから300ヤードとなります。

飛距離を追求していけばボールは曲がり始めます。スライスしてOBになってしまうこともあります。または、力が入りすぎてしまってチーピンが出始めるかもしれません。ミスショットを連発した経験した後で、やっとの思いで打ち放たれた、会心の一撃で260ヤード飛ぶドライバーを目指すのではなく、コンスタントにフェアウェイキープが可能な範囲での飛距離を目指すことが第一です。

 

飛距離

日本では何ヤード飛んだのかを飛距離という言葉を使いますが、海外では Driving Distance(ドライビング・ディスタンス)という言葉を使います。また、PGATOUR の サイトには各選手のSTATSが紹介されており、Driving Distance(ドライビング・ディスタンス)が記載されています。Driving Distance(ドライビング・ディスタンス)はあくまでもティーショット時の飛距離を意味しており、必ずしもドライバーだけの飛距離ではありません。ティーショットの平均飛距離を記しています。

つまり、ドライバーというクラブだけの飛距離を計測しているのではなく、TeeShot(ティー・ショット)の Driving Distance(ドライビング・ディスタンス)を計測しており、使用クラブは1W(ドライバー)の場合もありますし、4番ウッドで打つ選手も居ます。

PGAツアーのSTATSでDriving Distance(ドライビング・ディスタンス)を確認すると、いつもより飛距離が出てないなと感じる数値になっている場合は、コース攻略のマネジメントのためにティーショットをアイアンで打っていたりすることもあります。それも、Driving Distance(ドライビング・ディスタンス)に含まれ、平均飛距離を算出するためのデータのひとつとなります。

 

平均飛距離という概念

ドライバーの飛距離というのは、ドライバーの平均飛距離を考える事で、自分の本当のドライバーの飛距離と自分のドライバーショットの精度を見出すことが出来ます。ミスショットを繰り返しながら、やっと打つことが出来た250ヤードという飛距離は偶然の産物でしょうし、常に250ヤード飛ばせる訳ではありません。やっと打つことが出来た250ヤードという飛距離が自分の本当の飛距離では無いということです。但し、考え方を変えると250ヤードを飛ばすことが出来るパフォーマンスは持っているということです。

ゴルフコースは18ホールあります。そのうち、4ホールがPAR3となりますから、14ホールはドライバーで打つことが出来ます。ゴルフ場では多くて14回もドライバーを使うことが出来ます。ドライバーを14回使用した時の平均飛距離を算出してみると良いです。

1番ホールはトップして150ヤード。
2番ホールはスライスして180ヤード。
3番ホールはOBだったから飛距離無し。
4番ホールはナイスショットで210ヤード。



というようにラウンドをした時に自分のドライバーショットのデータを記載して、ドライバーの平均飛距離を算出することで、自分のドライバーショットの本当の平均飛距離を知る事が出来ます。ミスショットを繰り返しながら、やっと打つことが出来た250ヤードが自分の本当のドライバーの飛距離ではありません。

1番ホールでトップして150ヤードしか飛ばなかったドライバーよりも、ミスが少ない180ヤード前後しか飛ばない3番ウッド(スプーン)の方が平均飛距離を伸ばすことが出来ます。平均飛距離こそが本当の自分のドライバーの飛距離ということであり、平均 Driving Distance(ドライビング・ディスタンス)です。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

 

一発の飛びよりも平均飛距離アップを目指す

ドライバーの飛距離を追求していくうえで、奇跡的な一発の飛びを目指すのではなく、平均飛距離アップを目指すことが大切です。この辺りを勘違いしてしまうと、とても遠回りな飛距離アップ方法をすることになってしまいます。無理せずにドライバーを振って、大きなミスをすることなく、まずまずの飛距離が飛ばすことが出来るということが最も大切です。その為にドライバーというゴルフクラブは進化してきていますし、ミスに対して寛容性の高いドライバーが作られています。

思いっきりフルスイングで飛ばせるだけ飛ばすというのも良いかもしれませんが、実際のラウンドではリスクが高すぎます。OBになってしまったらスコアを崩すだけです。

ドライバーの飛距離を追求する理由として、最終的な目標としてはスコアメイクです。スコアメイクが出来なければ、飛距離アップをする意味がありません。飛距離アップを目指してスコアが悪くなるなんてことは考えられません。飛距離アップ出来たけど、ゴルフ場ではOBばかりというような状態に陥らないようにしなければいけません。

ティーショットで3番ウッド(スプーン)を使うのは、いくつかの理由があります。

  • ミスをしたくない
  • ドライバーが苦手だから
  • フェアウェイキープをしたい

上述した意外にも多くの理由があるはずです。ここで言えるのは、ティーショットは出来る限り自分の想い描いている場所にボールを運びたいということです。それは、良いスコアでゴルフをしたいからであり、ミスを防ぐことでスコアメイクを目指しているということになります。

つまり、一発の飛びを追求するのではなく、平均飛距離をアップすることが重要となります。ティーショットで、どのようなクラブを使おうとも平均飛距離がアップしてスコアメイクが出来るのであれば、とても良いゴルフが出来ます。決して臆病になってレイアップをしようという考えではありません。もちろん、ゴルフマネジメントとしてレイアップをすることも必要になってきますし、そういった考えは大切です。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
ドライバーの飛距離を追求するブログ