シャフトの長さ

ドライバーの長さは一般的には45インチ、45.5インチとなっています。それ以外には、46.25インチ、46.5インチなど長尺の部類に入るドライバーもあります。購入したドライバーのシャフトには長さが明記されていることもありますので確認してみると良いでしょう。

シャフトは長くなればヘッドスピードは速くなっていきますから、理論的には飛距離が伸びると言われています。その反面、シャフトが長くなればスイートエリア(スイートスポット)でボールを打つことが難しくなってきます。シャフトが長いので打点にバラつきが発生してしまうからです。

シャフトの長さを知るには、シャフトの長さの測り方を知る事が大切です。

スポンサー広告

 

シャフト長さの測り方

シャフトの長さの測り方には2つの方法があります。ひとつはヒールエンド法、もうひとつは60度法です。測り方は2通りあるのですが、どちらの方法で長さを測っているのかは各メーカーによって異なります。つまり、同じ45インチでもメーカーごとに長さの差異が生じる場合もあるということです。

 

ヒールエンド法

shaft-heel

グリップエンドからクラブのヒールエンドまでの長さを測ります。ヒールエンドはクラブに拠っては位置が異なりますので、自ずと長さに差異が発生してしまいます。
 

60度法

shaft-60

60度の面にクラブソールを当てて、水平線と60度の面の延長線が交差したところからグリップエンドまでの測ります。ルールブックに記載されている方法は60度法です。

スポンサー広告

 

シャフトを短くする

シャフトを短くしてしまうと、スイングウェイト(バランス)は軽くなります。シャフトが45インチ・バランスD1のドライバーを1インチ(2.54センチ)短くして、44インチにした場合にはスイングウェイト(バランス)が約5ポイント下がり、C7、C6前後となってしまいます。軽くなれば振りやすくなりますが、スイング軌道が安定しない事もあります。

シャフトを短くした影響

  • 振動数が上がりシャフトが硬く感じる
  • ヘッドバランスが軽くなる

 

シャフトを長くする

シャフトを長くすると、スイングウェイト(バランス)は重くなります。シャフトが45インチ・バランスD1のドライバーを1インチ(2.54センチ)長くして、46インチにした場合にはスイングウェイト(バランス)が約5ポイント上がり、D5、D6前後となってしまいます。

シャフトを長くするとスイングウェイト(バランス)が重くなりますので、逆にスイングスピードが遅くなってしまうことがあります。ですから、シャフトを長くする場合にはヘッドの重さを軽くしたり、シャフトの重さを軽くしてスイングウェイト(バランス)を調整する必要性があります。シャフトが46インチ前後のドライバーの場合はスイングウェイト(バランス)がD4、D5(目安)となる場合があります。ハンマーヘッドバランスという言葉がありますが、ヘッド側を重くしつつ勢い良くボールにヒットさせることで少しでも飛距離アップをさせようという考えであることが判ります。

シャフトを長くした影響

  • 振動数が下がりシャフトが柔らかく感じる
  • ヘッドバランスが重くなる

 

シャフトの長さと飛距離

シャフトの長さが変わるとヘッドスピードに変化が現れると言われています。ヘッドスピードに変化が現れるということは、飛距離にも影響をしてきます。飛距離に対して、どれほどの影響を及ぼしているのかを考えてみたいと思います。

シャフトが1インチ(2.54センチ)長くなれば、ヘッドスピードは1m/s程速くなると言われています。ヘッドスピードが1m/s速くなるとボール初速が約1.45倍となります。

 

理論計算式

  • 1インチ = 2.54センチ
  • シャフト1インチ = ヘッドスピード1m/s
  • ヘッドスピード1m/s = ボール初速1.45倍
  • 係数4 × ボール初速1.45倍 = 5.8ヤード

※上の計算式から算出される数値は理論値です。必ず上の計算式に当て嵌まるような数値が算出されるわけではありませんので、ご注意ください。あくまでも概算であり、指標です。概ねの数値となります。

スポンサー広告

 


 

関連記事