ヤマハ インプレス UD+2 ドライバー


※GDOギアカタログより

 

 

特長

最大の特徴としては、捉まりが良いということです。460ccヘッドとは思えない捉まりの良さです。重心アングルが大きくなっており、重心距離も短くなっており、自然とドローが打てるドライバーとなっています。シャフトは長尺の部類に入り、46インチとなっています。スライスを軽減させてくれるには適したドライバーです。右を警戒するゴルファーに向いています。

とても捉まりが良いドライバーとなっていますので、もともとフック系のゴルファーは、チーピンが多発する可能性があります。スライスが多いゴルファーの場合は、スライスが治るとは言い切れませんが、スライスボールを軽減させることができ、それだけで飛距離アップを感じさせてくれます。

純正シャフト:オリジナルカーボンTMX-417D
シャフトスペック詳細

 

特長

  • 捉まりが良い
  • シャフトが長いけど軽い
  • 打音が心地よい
ドライバーの飛距離を追求するブログ