タイトリスト 917D2 ドライバー

 

主な特徴

ヘッド体積が460ccとなっていることと、ソール側に設けられた溝(アクティブリコイルチャンネル)により、フェース面の弾きを強くしています。打点がズレても、スイートエリア近くで打ったときに近い、強い反発が得られるようになっています。

ヘッド形状は、タイトリスト独特のシャローな感じでありながら、ディープフェースとなっており、打点が上下にバラ付くゴルファーに向いています。多少、打点がズレても強くボールを弾いてくれる設計となっています。

また、直進性も高くなっており、タイトリストらしくない? 優しさのあるドライバーです。

装着シャフト

純正装着シャフト:Titleist-Speeder517
純正シャフトスペック

フレックス クラブ重量 シャフト重量 トルク
S 54 307 4.6
SR 51 305 4.8
R 48 307 5.0

純正装着シャフトは、Titleist-Speeder517となっています。けっこうソフトな仕上がりのシャフトとなっていますので、100切りを目指すゴルファーにも扱えるスペックとなっています。購入される場合は、シャフトのフレックス、ロフト角に注意してください。

 

タイトリスト 917D2 ドライバー 購入

ゴルフパートナーオンラインショップ 中古
タイトリスト 917D2 ドライバー 中古一覧
飛ぶドライバー
ドライバーの飛距離を追求するブログ