スリクソン Z585ドライバー、Z785ドライバー(2018年モデル)

更新:

 

ZEROSRIXON(ゼロ・スリクソン)

ダンロップスリクソンから、ニューモデルが登場します。Z585、Z785です。ドライバーに関しては、今までのスリクソンのドライバーのヘッド構造を引き継ぐのではなく、完全に新しいモデルに作り替えたとのことです。なので、ゼロから作るという意味で、ZEROSRIXON(ゼロ・スリクソン)と名付けられています。

スリクソン Z585ドライバー、Z785ドライバー(2018年モデル)
2018年9月22日発売

2018年のZ585ドライバー、Z785ドライバーは、ヘッドクラウン部分にカーボン素材を使用しており、余剰重量をソール側に集中させて、低重心化が図られています。なので、今までのスリクソンとヘッド形状、ヘッド構造が全く異なります。今ままでのスリクソンは、ディープフェース、ハイバックなヘッドが多かったです。そうすることで、低スピンが打ちやすい構造となっていました。ZEROSRIXONの方は、ディープフェースでシャローバックとなっており、重心深度が深くなっており、慣性モーメント高めで、誰でも優しく低スピンで、高い打ち出し角度で打てるモデルとなっています。

 

SRIXON Z585 ドライバー


写真:GDOギアカタログ

今までのスリクソンと比べて、ソフトスペックなモデルとなっています。標準装着シャフトもソフトスペックとなっています。ヘッドスピードが遅いゴルファー、アベレージ100前後のゴルファーでも扱えるドライバーとなっています。優しく、高弾道が打てる、セミアスリートモデルなドライバーです。

 

SRIXON Z785 ドライバー


写真:GDOギアカタログ

アジャスタブルホーゼル付きとなっており、弾道調整ができます。シャフトは、MIYAZAKIMahana、MiyazakiMIZU6のどちらか選択ができます。ヘッド体積は、460ccとなっています。

 

NEWスリクソン Zシリーズ ドライバー誕生

 

関連記事

飛ぶドライバー 2019年