PRGR RS 2017 / RS-F 2017 ドライバー

更新:

今年もルールギリギリの反発が得られるドライバーが登場します。Wクラウンと名付けられた、ヘッドクラウンとフェース面のつなぎ目により、高い反発が得られる仕組みになっています。

従来のドライバーは、フェース面の真ん中以外(スイートエリア以外)でインパクトしたときにクラウン部分がたわんだり、ソールがたわんでしまって、反発エネルギーが逃げてしまいますが、PRGR 2017 RSシリーズは強い反発で飛ばすことができるようになっています。

2016年 去年のモデルも当たりが悪いと感じながらも、それなりに飛んでくれていました。2016年 去年のモデルは、本当にルールで定められた反発係数を越えてしまうドライバーもありました。購入した人は、大変な思いをしたかもしれませんが、見方を変えると PRGRは本当に反発の高い、飛ぶドライバーを作っていると言えます。今年のモデルは、どれくらい飛ぶのか楽しみです。

RS 2017ドライバー、RS-F 2017 ドライバー どちらも、肉薄ヘッド構造となっており、低重心+深重心+Wクラウンで弾きの強いドライバーとなっています。

2018年モデル RSドライバー、RS-Fドライバー 登場

2018年モデル RSドライバー、RS-Fドライバーが発売されます。
プロギア RSドライバー、RS-Fドライバー 2018年モデル

 

2017年 今年も2モデル発売されます

 

 

PRGR RS 2017 ドライバー(ドロー用)

2018年モデルが発売されるので、マークダウンして安くなってます


※GDOギアカタログより

RS 2017 ドライバーは、捉まりを意識したドライバーとなっています。ソール側に配置されたウェイトもヒール側に置かれており、ヘッドの返り易さ、捉まり易さを追求していることが伺えます。

純正シャフト:RSオリジナルカーボン
シャフトスペック

プロギア RSドライバー 2017年モデル 中古

プロギア RS ドライバー 2017 中古一覧

 

PRGR RS-F 2017 ドライバー(フェード用)

2018年モデルが発売されるので、マークダウンして安くなってます


※GDOギアカタログより

RS-F 2017 ドライバーの F は フェードの意味です。捉まり過ぎず、フェードが打ちやすいモデルとなっています。強く叩きにいけて左を警戒するゴルファーに向いてます。

純正シャフト:RS Fオリジナルカーボン
シャフトスペック

プロギア RS-Fドライバー 2017年モデル 中古

プロギア RS-F ドライバー 2017 中古一覧

 

PRGR 2017年 RSシリーズ紹介動画

Wクラウンというプロギアの特許技術を採用しています。初速を落とすことなく、高初速エリアを拡大し、強い反発でボールを飛ばしてくれます。ドライバーというクラブは、シャフトが長いので、どうしても打点がズレてしまうことがあります。打点がズレると、スイートエリアから外れた場所で打つわけですから、強い反発が得られなくなります。PRGRのRSシリーズは、高反発エリア(ルール適合内)を拡大することで、当たりが悪くても、飛ばせる仕組みになっているということです。

 

RS-F と RS どちらが良い?

2種類のヘッドの特性を知ることが大切です。

RS-F 2017 ドライバー

フェード打ちのドライバーです。強く叩きにいけるような、ゴルファーはフェードタイプのドライバーの方が良いでしょう。左への引っ掛け、チーピンなどを予防することができます。緩やかなフェードで転がりすぎず、コントロールしてボールを運ぶというイメージで打っていくことができます。

 

RS 2017 ドライバー

ドロー打ちのドライバーです。もともと、スライスボールが多いというゴルファーに向いています。とても捉まりが良いドライバーですので、スライスを減らすだけでも飛距離アップができたと感じることができます。もともと、スライスボールというのは、飛距離をロスしてしまいます。今までのスライスボールを真っ直ぐに打てるのであれば、ボールが着地してからも真っ直ぐに転がりますので、スライスを減らすだけでも飛距離アップが望めます。また、ミスヒットに強いというのも平均飛距離アップにつながります。

飛ぶドライバー
ドライバーの飛距離を追求するブログ