PING G425 シリーズ

話題のPING G425シリーズ ドライバーの紹介です。今作は、ヘッドが3種類あります。また、PINGオリジナルシャフトが充実しており、カスタムシャフト不要かもしれません。

スポンサーリンク

 

ヘッドの種類

3種類のヘッドがあります。
それぞれ、特徴がありますので、自分のスイングに合わせて選ぶことができます。

G425 MAX ドライバー

ニュートラルなヘッド
G425 LST ドライバー

低スピンなヘッド
G425 SFT ドライバー

ドローバイアスの入ったヘッド
高慣性なヘッドで直進性が高く当たり負けせず高弾道が打てる ヘッド体積445cc、低スピンで強いボールが打てる ドローバイアスが入っており、つかまったボールが打てる
3種類のヘッドの中でもっともニュートラルなヘッドです。つかまり過ぎず、フェードし過ぎない、バランスの良いヘッドです。 3種類のヘッドの中でもっとも低スピンなボールが打てるヘッドです。スピン量が多い、ヘッドスピードが速いゴルファーに向いてます。 3種類のヘッドの中でもっともボールがつかまりやすく、ドローが打ちやすいヘッドです。スライスに悩むゴルファーに向いてます。
スポンサーリンク

 

G425シリーズは低スピンか?

G425シリーズのドライバーは、低スピンなのかどうかを試打しながら考察しましたが、ぶっちゃけスピン量が減らせるのは、G425 LST ドライバーのみです。

G425 MAX ドライバー、G425 SFT ドライバー の場合、重心深度が深く、ヘッド後方に重心が置かれてます。故に高慣性となりますし、ヘッドが後方に倒れやすく、高弾道が打ちやすいです。反面、バックスピン量が増えやすくなってしまいます。どんなに低スピンだといっても、バックスピン量が増えやすい構造になってます。

本当にバックスピン量を減らしたいのであれば、G425 LST ドライバーがオススメです。

 

シャフトに関して

さて、今作のPING G425シリーズで素晴らしい点といえば、オリジナルシャフトが充実してることと、ヘッドとの相性が抜群で、他ブランドのカスタムシャフトよりも高性能でマッチします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ALTA J CB SLATE

標準的なシャフトです。シャフトに拘りが無い場合は、ALTA J CB SLATE 装着で大丈夫かと思います。ただし、試打、フィッティングはした方が良いです。

一般的な風習としては、一般的な男性ゴルファーの場合、フレックスSが良いとされてますが、ALTA J CB SLATEの場合、フレックスSよりも、フレックスXの方が良い結果が得られることがあります。フレックスXの方が重くて硬いので、ヘッド軌道が安定しやすく、重くて強いインパクトで高弾道が打てます。硬い(トルクが少ない)といっても、長さが45.75インチありますし、中調子なので、けっこう撓りやすさがあります。

ですので、フレックスXも試打してみる価値があります。

 

PING TOUR 173-55

50グラム台のシャフトで、トルクを減らしたい場合は、PING TOUR 173-55 がオススメです。

 

PING TOUR 173-65

ある程度のヘッドスピードがあり、叩けるゴルファーに向いてます。PING TOUR 173-65(S)は、中元調子となっており、ややハンドファーストで打ちたい人に向いてます。スイングでボールをつかまえられる人、右手の使い方が上手なゴルファーに向いてます。

さらに叩ける人は、PING TOUR 173-65(X)、元調子を選ぶと良いです。

 

PING G425 シリーズ と オリジナルシャフトの組み合わせ

PING G425 シリーズの特徴とえいば、前作と比較して飛ばせるテクノロジーのことが多く紹介されてるのが一般的です。が、実際は3種類のヘッドの特徴を知って、さらにスイングに合わせたシャフトをチョイスすることで、今以上に打ちやすく、飛ばせるドライバーになるというのが最大の魅力です。

ですので、PING G425 シリーズでは、PINGオリジナルシャフトが充実しており、かなり選択肢が広がっており、様々なゴルファーのニーズに合致するようになってます。

つまり、ヘッドとシャフトの組み合わせにより、様々なゴルファーにマッチするようになってます。

 

PING G425 シリーズのドライバーは、ヘッドとオリジナルシャフトの組み合わせにより、自分に合った飛ぶドライバーを組み立てられます。試打して、自分に合ったヘッドを見つけてください!

PING G425MAX ドライバー シリーズ

飛ぶドライバー 2020年