本間ゴルフ TW727 455 ドライバー

キム・ハヌル と イ・ボミ の セッティング
本間ゴルフ TW727 455

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

最近の国内女子ツアーは美人韓国選手が活躍していますね。言わずと知れた、イ・ボミさん、そしてキム・ハヌルさん この2人はビジュアル面も美しく、ゴルフは強いです。2人には多くの共通点があります。母国が同じだというだけではなく、所属しているゴルフクラブメーカーも同じであり、使用しているドライバーのモデルも酷似しています。2人のセッティングを比較して、相違点を見出すことで、ゴルファーとしての個性というものが見えてきます。

 

イ・ボミ セッティング

イ・ボミさんのセッティングです。ドライバーは ホンマゴルフ TW727 455 ドライバー ロフト10.5度を使用しています。シャフトはVIZARD YA55 フレックスR 長さは45.5インチです。

  • ドライバー:本間ゴルフ TW727 455 ドライバー (10.5度)
    ※シャフト:VIZARD YA55(硬さR 45.5インチ)
  • フェアウェイウッド:本間ゴルフ TW727 フェアウェイウッド (15度、18度)
  • ユーティリティ:本間ゴルフ TW717 ユーティリティ (19度、22度)
  • アイアン:本間ゴルフ TW727Vn アイアン (6番?10番)
  • ウェッジ:本間ゴルフ TOUR WORLD TW-Wウェッジ(2014年) (48度)
    タイトリスト ボーケイデザイン SM5ウェッジ Sグラインド(51度)
    タイトリスト ボーケイデザイン SM5ウェッジ Fグラインド(57度)
  • パター:オデッセイ ホワイト・ライズ iX #1SH
  • ボール:ダンロップ スリクソン Z-STAR ボール(2015年)

出典 : 「ヨコハマタイヤ PRGRレディス」イ・ボミの優勝セッティング

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

キム・ハヌル セッティング

キム・ハヌルさんのセッティングです。ドライバーは ホンマゴルフ TW727 455 ドライバー ロフト9度を使用しています。シャフトはVIZARD YA55 フレックスR 長さは44.75インチです。

  • ドライバー:本間ゴルフ TW727 455 ドライバー (9度)
    ※シャフト: VIZARD YA55(硬さR 44.75インチ)
  • フェアウェイウッド:本間ゴルフ TW727 フェアウェイウッド (3番15度)
  • ユーティリティ:本間ゴルフ TW727 ユーティリティ (19度、22度、25度)
  • アイアン:本間ゴルフ TW727V アイアン (6番?10番)
  • ウェッジ:本間ゴルフ TOUR WORLD TW-W (48度、52度、58度)
  • パター:オデッセイ ミルドコレクションパター プロトタイプ
  • ボール:ダンロップ スリクソン Z-STAR ボール(2015年モデル)

出典 : 「アクサレディスin MIYAZAKI」 キム・ハヌルの優勝セッティング

 

本間ゴルフ TW727 455 ドライバー

特長としては典型的はディープヘッドとなっており、フェースもバックもディープです。スイートスポットを外して低スピンなボールが打ちやすそうなイメージが伝わってきます。ソールにはウェイトが2つ配置されています。1つはヒール側。もう1つはヘッドの重心位置と同じ位置に配置されているのではないだろうかと推測できます。その位置は明らかに前重心(浅重心)な場所となっています。低重心+浅重心になっており低スピンを実現しているドライバーです。ヘッド体積は455cc と 小ぶりとなっており、気になる重心距離は短めの 38.5mm となっています。ディープヘッドのドライバーでも、しっかりと打てる人であれば、中弾道の低スピンでキャリーもランも出るし、捉まりも良いドライバーとして活躍してくれるでしょう。

重心距離、重心高、重心深度などが公表されているところには好感を持てます。ゴルフクラブに詳しいゴルファーであれば、これらの数値を確認して自分に合っているかどうか、重要な情報となります。

 

  • ヘッド素材/製法 : ソール・クラウン KS100 / 鍛造
  • フェース素材/製法 : フェース:ELFチタン / 鍛造
  • ヘッド体積 : 455cc
  • ライ角 : 59.0°
  • 重心距離 : 38.5mm
  • 重心高 : 34.0mm
  • 重心深度 : 37.5mm
  • 重心角 : 23.0°

出典 : 本間ゴルフ TW727 455 ドライバー

スポンサーリンク
 

イ・ボミとキム・ハヌルの相違点

同じドライバー、同じシャフトのドライバーを使用していますが、1点だけ異なるところがあります。それはシャフトの長さです。それは、身長の違いからなのか、身体能力的なことからなのかは判りません。

  • イ・ボミ の シャフト長さ : 45.5インチ
  • キム・ハヌル の シャフト長さ : 44.75インチ

シャフト長さが違うということは飛距離に違いが発生してくるだろうというのは想像がつきます。キム・ハヌルの方が飛ぶとも言われていましたが、lpga.or.jp の 公式ドライビングディスタンス(2016年5月) を確認しますと、イ・ボミ、キム・ハヌル共に 251.0ヤードという記録となっていました。あくまでも平均飛距離です。もちろん、1発の飛びとしては 265ヤードも飛ばしていたりもしますが、なかには239ヤードしか飛ばすことが出来なかった場合もあったようです。そもそも、全てのドライビングショットをドライバーで打っているとは限りません。3番ウッド(スプーン)で打っている場合もあります。

使用するドライバーとシャフトは同じだが、長さが違うという2人の平均飛距離は2人とも同じでした。ですが、1発の飛びでは、キム・ハヌルの方が飛んでいるように感じます。

 

VIZARD YA55 フレックスR シャフトの詳細スペック

YA55 の YA は YARN(ヤーン)の略のようです。シャフトが撓ったときの 円筒つぶれに強い というのが特徴のようです。シャフトのつぶれを抑えることで、より的確なインパクトが迎えられるという考えなのでしょう。手元側は剛性が強く、先端に向かっては手元側よりも柔軟性を持たせているとのことです。

  • 調子 : 中調子
  • バット径 : 15.4mm
  • チップ径 : 8.6mm
  • 重量 : 54.0グラム
  • トルク : 4.35
  • 振動数 : 258cpm
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

本間ゴルフ TW727 シリーズ 新品 セール中

GDOショップでは、TW727シリーズ ドライバーがセール中です。新品です。なかなか、値崩れしない本間ゴルフのドライバーが、とても格安となっています。

本間ゴルフ TW727 シリーズ 新品 セール中

ドライバーの飛距離を追求するブログ