ドライバーの飛距離が180ヤードくらいしか飛ばない

更新:

練習場でドライバーを打っていると、向こうの200ヤードの標しを越えてくれたり、ときには250ヤードの標し近くまで飛んでいるように感じるということはよくあります。ただ、これは練習場でのドライバーの飛距離です。

実際にゴルフ場でドライバーを打つと200ヤードも飛んでいないのではないだろうかと感じることは多いです。私も昔は200ヤード以上は飛んでいると思っていたのですが、大きな勘違いでした。

 

飛距離の間違った認識

自分の勘違いに気付くのに時間を要したことから、私の場合はゴルフ上達が遅くなりました。自分の本当の飛距離を知るということは、自分に合ったドライバー選び、ゴルフクラブを見つけるための基礎的な情報となります。その、基礎的な情報が間違っているのであれば、ドライバー選びも間違ってしまいますし、間違ったゴルフクラブを選んでしまいます。それが大きな落とし穴だったと今でも思います。当時はゴルフクラブに関する知識が薄かったというのもあり、ヘッド形状、シャフトのフレックスやトルクのことなんて考えていませんでした。

自分の本当のヘッドスピード、自分の本当の体力を把握することが先決です。そして、背伸びしないゴルフクラブ選びが大切です。

 

練習場で飛ぶけどゴルフ場では飛ばない

練習場で200ヤード飛んだ、240ヤードくらい飛んでいると思っていても、ゴルフ場で飛んでいないということはよくあります。その理由は簡単で、ゴルフ場でのドライバーショットは緊張しているし、慎重になっており、スムーズなスイングがし難い状態になっているからです。練習場の場合はOBになるとか、ミスショットを考えずに振り抜いているから飛んでいるということになります。

そして、理由はもうひとつあります。それは、自分のヘッドスピードが自分が思っているよりも遅いということです。昔、私はヘッドスピードが42m/s程度はあるだろうと思っていましたが、実測で38m/s程度でした。そこから、ゴルフレッスンに習い出してから、様々なトレーニングをしたり、スイングを調整しながら、やっとヘッドスピード42m/s程度になりました。

ゴルフ場で常に自分の最大出力である、ヘッドスピード42m/sが出るとは限りません。実際にゴルフ場でのヘッドスピードは38m/s から 40m/s程度しか出ていません。これは、やはりミスしてはいけないという慎重さ、緊張感、ストレスなどが重なってしまい思い切って振り抜くことが出来ていないからでしょう。ゴルフ場でのドライバーショットの実際の飛距離は190ヤードから200ヤード少しです。

ドライバーの飛距離が180ヤード

ゴルフ場でドライバーの飛距離が180ヤードしか飛ばなかったときのことを思い出して分析をしてみると良いです。飛ばなかった時はどのような弾道なのか? ボールが高すぎる、スライスする、ボールが低すぎるなどなど・・・様々な弾道があります。自分のドライバーショットの弾道を思い出して分析をしてみると、自分に合ったドライバー選びのヒントが見えてきます。

 

ドライバーでスライスする

基本的にスライスボールは距離が出ません。右に曲がった分だけ飛距離を損していると考えた方が良いでしょう。スライスボールが出る場合はフェースが開いてボールにヒットしている場合が多いです。フェースが開いているということはロフトも大きくなっていますから、高いボールとなり、右へ大きく曲がってきますので、林を越えていきそうなスライスボールになってしまうこともあります。もし、スライスボールで飛距離を損しているのであれば、真っ直ぐに飛ばせるだけでも、飛距離アップが出来たと感じることが出来ます。

  • フックフェースのドライバーを使う
  • 慣性モーメントの高いドライバーを使う

ドライバーでチーピンが出る

チーピン、または強いフックが出る場合にはスイングの軌道がアウトから入ってきていることが多いです。また、シャフトが柔らか過ぎてしまって左へ振り抜いていることもあります。チーピンの種類もいくつかありますが、殆どが低い打ち出して強い弾道で左へ曲がっていきます。フェースが被ってしまっている場合があります。

昨今のドライバーはフックフェースになっているモデルが多く、アドレスをすると自然とフェースが左に向いてしまいます。それが、チーピンを誘発している場合もあります。そういった場合は、フェース面の角度がスクエアか少しオープンになっているドライバーを選ぶと良いです。

  • オープンフェースのドライバーを使う
  • 慣性モーメントの高いドライバーを使う

 

ドライバーでボールが上がらない

ボールが上がらない場合はキャリー不足となり飛距離が出ません。ボールが直ぐに着地してしまっては飛距離を出すことが出来ません。ボールが上がらない理由はいくつかありますが、最近は低スピンのドライバーが多いです。故に浅重心(前重心)となっており、スピン量が少なくてボールが上がらない場合があります。

とくにディープフェースのドライバーを使っている場合には、ボールが上がり難い傾向があります。シャローフェースのドライバーを選ぶか、ロフトアップをすると良いです。または、高い弾道を打つ手伝いをしてくれる先調子のシャフトを使うのも良い方法です。

  • 深重心のドライバーを使う
  • シャローフェースのドライバーを使う
  • ロフトアップをする
  • 先調子のシャフトを使う

 

上述した事項を考慮すると、ドライバーでナイスショットが打ててないことは明確です。となると、ドライバーの飛距離が180ヤードくらいしか飛んでないというのは、ごく普通のであり、当たり前の事なのかもしれません。

一般的な男性ゴルファーのヘッドスピードは、40m/s~43m/sくらいです。ナイスショットが打てれば、210ヤード~230ヤードくらいは飛ばせます。ただ、当たりが悪かったり、フェース面の真ん中で打ててないと、ミート率が下がってしまい、飛距離は180ヤード~200ヤードくらいとなっています。ですから、ドライバーの飛距離180ヤードくらいというのは、意外にも普通だということが言えます。

もっとも大切なのは、自分の本当の飛距離を知ることと、飛距離を損している原因を見極めて、飛距離を損しないようなスイングにするか、自分のミスを補ってくれるドライバーを見つけることです。

飛ぶドライバー
ドライバーの飛距離を追求するブログ