ドライバーの長さ(シャフトの長さ)

ゴルフクラブの中で最も飛ばせることができるクラブがドライバー(1番ウッド)です。最も飛ぶのですが、最も難しいクラブであるとも言えます。難しさを感じるのは、シャフトが長いからというのがあります。シャフトが長くて構え難い、シャフトが長くてナイスショットのイメージがしないという理由が挙げられます。

また、ロフト角の数字が小さいために、適切なインパクトができないとサイドスピンが多く発生してしまいスライスとなりやすいという側面もあります。つまり、ドライバーはシャフトが長くて難しいから苦手意識が染み付いてしまったという人は多いのではないでしょうか。そういった理由から短尺ドライバー(シャフトが短いドライバー)を使いたいというゴルファーは多いようです。

シャフトが短いドライバーが良いのは判るのですが、ゴルフクラブの特質としてはシャフトを短くしてしまうとバランスが軽くなってしまいます。あまりにもバランスが軽くなってしまうと、打ち負けてしまうことがあります。ですから、市販されている短尺ドライバーはヘッド体積を460cc以上にしてヘッドを重くしている場合もあります。

シャフトを短くすればバランス(スイングウェイト)は軽くなりますし、シャフトを長くすればバランス(スイングウェイト)は重くなります。軽すぎず、重過ぎないのが一般的なシャフトの長さである45インチ前後になるのでしょう。

ドライバーの飛距離を追求するブログ