ドライバーで飛距離アップする要素

ドライバーで飛ばすための要素を考えてみました。飛距離アップするためには、3つの要素があります。ドライバーの飛距離アップを目指すにあたって、必要不可欠な要素となります。

その3つは以下の通りとなります。

(1) ボール初速
(2) 打ち出し角
(3) バックスピン量

 

それぞれの要素を分解していこうと思います。

 

(1) ボール初速

ボール初速が速ければ、飛距離が伸びます。速いスピードでクラブをボールにヒットさせることができれば、ボール初速は速くなりますから、飛距離も伸びることになります。つまり、速いヘッドスピードが必要となります。ヘッドスピードを速くするには、それなりのトレーニングが必要となってきますし、今直ぐにヘッドスピードを速くすることは難しいです。そのために、昨今のドライバーは速く振ることができる工夫を取り入れています。そのひとつとして、シャフトを長くしたり、クラブ重量を軽くしたりしています。

また、中にはバランスがD3、D4、D5というヘッドが利いているドライバーもあります。重い物体を勢いよくボールにヒットさせて飛ばすという考えでしょう。重いヘッドのドライバーというのは、ヘッドが走り出せば強い慣性を得られますので、打ち負けすることなく、強いインパクトを迎えることができます。重すぎるヘッドは問題ですが、振り抜ける程度に重いヘッドというのは有効です。

また、フェース面の高い反発を得ることができれば、ボール初速も速くなります。昨今のドライバーは、ルール適合範囲内で反発を高めていますし、ヘッドをたわませることで高い反発を得るための工夫を取り入れたりしています。

少し前までは、ボール初速をアップさせるために考え出された、ソール側にスリット(溝)が入っているクラブは珍しい存在でした。最近ではスリット(溝)が設けられているクラブは当たり前になりつつあります。ということは、それなりに効果があり、一般的に浸透してきたのだろうということが考えられます。

POINT

  • 長いシャフト
  • フェース面の高い反発
  • たわみ効果のあるヘッド

 

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

 

(2) 打ち出し角

適正な打ち出し角を見つけるのは、とても難しいです。というよりも、殆ど無理であろうと思います。ドライバーショットで、ボールの打ちだし角を決定するのは、ロフト角となります。ロフト角の数字を大きくすると、ボールの打ちだし角は高くなりますし、ロフト角の数字が小さければ打ち出しは低くなります。

ドライバーのロフト角に関して注意をしなければいけない事としては、メーカー表記よりも実際のロフト角の数字は大きいということです。ドライバーのロフト角が10.5° だった場合には、実際にロフト角を計測してみると、11.5°だったり、12°だったりします。併せて、インパクト時にはギア効果によりドライバーのヘッドを上を向く挙動をしますので、ロフト角以上の打ち出し角となるのが現実です。ですから、表記されているロフト角よりも実際の打ちだし角は4°程度、高くなるということになります。

POINT

  • ロフト角

 

(3) バックスピン量

そもそも、バックスピン量を減らそうという取り組みが始まったのは、バックスピン量が多くてボールが吹け上がってしまい、飛距離を損してしまうから、バックスピン量を減らすことができれば、ボールは上に飛ぶのではなくて、前に飛ぶから飛距離が伸びるだろうという考えがあったからでしょう。

昨今、ドライバーというゴルフクラブではバックスピン量を減らすための工夫が取り入れられており、重心の位置をフェース面側に配置している前重心(浅重心)となっている場合が多いです。

バックスピン量が少ないとボールを高く上げる揚力が失われてしまい、ボールが上がり難くなってしまうこともあります。故に、自ずとドライバーのロフト角の数字を大きくすることで、打ち出し角を調整しようという考えが取り入れられました。ロフト角が 11°、12° というドライバーも珍しくありません。

バックスピンは減らすことができれば、飛ぶ場合もありますが、バックスピン量が少なすぎるとボールが上がらないために、飛距離が落ちてしまうこともあります。ということを考慮して、昨今のドライバーの殆どは低重心となっています。低スピンなのですが、低重心でボールを上げようという考えなのでしょう。

POINT

  • 前重心(浅重心)
  • 低重心

 

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

 


 

飛距離アップできるドライバーの紹介

最近のドライバーは飛ぶ要素を詰め込んでいます。ヘッドのたわみ効果、フェース面の高い反発、空力学を活かしたドライバー、ソール側にスリットを設けたりもしています。飛びの要素を自分のゴルフに取り入れることも大切です。また、ドライバー選びで重要なのはシャフトのスペックです。背伸びせずに自分の技量にあったシャフトを選択することが飛距離アップにつながります。

 

SLDR S ドライバー

テーラーメイド SLDR S ドライバーはボールを上げやすいです。飛距離が損しているのではないかと思う程にボールが上がりやすいです。ボールの高さ不足に悩んでいるゴルファーに向いています。

 

テーラーメイド M2ドライバー

ヘッドクラウン部分にカーボンを採用して、軽量化を図りつつも、たわみ効果も得られるドライバーです。

 

テーラーメイド M1

テーラーメイド M2ドライバーよりもハードなセッティングとなっています。ソール側には可変式ウェイトが取り付けられており、ウェイトの位置で重心位置を変えられるような仕組みとなっています。

 

TITLEIST 915D3

ソール側に設けられたスリットによる反発の高さと低スピンで飛距離アップが目指せるドライバーです。

 

YAMAHA RMX216 ドライバー

高い反発とヘッドのたわみを利用して飛ばすことができるドライバーです。飛ばすだけではなく、重心距離が短くなっておりオートマチックにヘッドを返すことができるドライバーです。

 

Callaway XR16 ドライバー

ボーイング社の協力を得て空力性能を活かしたドライバーです。少しオープンフェースになっていることから、左への引っ掛けを防ぐことができる、叩いている低スピンドライバーです。

 

Callaway XR 16 SUB ZERO US ドライバー

フィル・ミケルソンが全英オープンで使用していた新しいモデルのドライバーです。ソール側に配置されたウェイトの位置がフェース面がとなっていますから、明らかに前重心(浅重心)となっており、低スピンで強弾道が打てるドライバーです。現在、USモデルしかありません。

 

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
ドライバーの飛距離を追求するブログ