キャロウェイゴルフ ビッグバーサ ベータ ドライバー

キャロウェイからビッグバーサ ベータ ドライバーが発売されました。全盛期の飛距離を取り戻せ というのがキャッチとなっています。ということから、非力なゴルファー、シニアゴルファー向けのドライバーとなっており、とても軽量となっています。軽量ということは、非力なゴルファーにとっては振りやすいクラブになるでしょうし、今まで以上に速く振ることが出来るようにもなります。

スポンサーリンク

どれほど軽量なのかと言いますと、標準装着のシャフト GP for BIG BERTHA の場合276グラム?263グラムとなっています。そして、シャフトのトルクも大きいです。軽くて撓るドライバーです。

 

BIG BERTHA BETA ドライバーインプレッション

 

キャロウェイゴルフ ビッグバーサ ベータ ドライバー

  • 標準装着シャフト : GP for BIG BERTHA
  • 調子 : 先中調子
  • フレックスS : 約276g / D1 / 約56g / トルク 5.0
  • フレックスSR : 約270g / D0 / 約50g / トルク 5.5
  • フレックスR : 約264g / D0 / 約44g / トルク 6.5
  • フレックスR2 : 約263g / D0 / 約43g / トルク 6.5

 



 

ヘッド体積は460cc ですが見た目はとても大きく見えます。大きく見えることで安心感を与えてくれるようです。そして、フェースはシャローフェースとなっており、ミートしやすくなっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

キャロウェイゴルフ ビッグバーサ ベータ ドライバー 特徴

1:大きなヘッド
大きなヘッドで安心感を増幅させ、フェース面も大きく確保している。その安心感はノンストレスなアドレスをさせてくれます。

2:強い反発が得られる設計
薄肉化した次世代R・MOTOフェースを採用しています。強い反発が得られればボール初速がアップして飛距離アップに繋がります。そしてミスヒットにも強い。

3:心地よい打音と打感
打って気持ちが良い打音と打感は大切です。それだけでイメージが良くなります。

4:キャロウェイのモデルの中でも最軽量
クラブを軽量化することで、振りやすくなります。そして速く振ることが出来ます。それだけで、飛距離アップにつながります。

5:軽くて撓るシャフト
軽くて振りやすくて、そして撓るシャフトを採用。シャフトの撓りを利用して飛ばすことが出来ます。

飛ぶドライバー
ドライバーの飛距離を追求するブログ