長尺ドライバーは飛ぶ?

長尺ドライバーは飛ぶ?

長尺ドライバーは飛ぶのだろうか? ということが考えてみます。長尺ということは、一般的なドライバーよりもシャフトが長いドライバーのことです。では、一般的なドライバーのシャフトはどれくらいの長さなのだろうか? というところから理解をしなければなりません。一般的なドライバーという言葉が語弊を招く言葉になってしまうかもしれませんが、一般的に市販されているドライバーのシャフトの長さは45インチが多いです。45インチから0.25インチ長かったり、短かったりしています。

概ね、大半のドライバーが45インチ、45.25インチ、45.5インチが多いでしょう。45インチ~45.5インチまでが最も取り回しやすく、的確なインパクトを迎えるには適しているとも言えます。

もし、自分が使用しているドライバーのシャフトの長さを知らないのであれば調べてみると良いです。殆どがシャフトにシャフトの長さが記載されています。記載されていない場合はメーカーサイトから調べてみると良いでしょう。自分が使用しているドライバーのスペック、シャフトの長さを知るということは、とても大切なことです。

ドライバーのシャフトを長くすることで飛距離アップが望めます。ならば、飛距離が出るまでシャフトを長くしようということになるのですが、シャフトの長さはルールで定められています。パターを除いてシャフトの長さは 48インチ(1,219.2mm)までとなっています。

スポンサー広告

 

ルールで定められているシャフトの長さ

ルールではパター以外のクラブ全て48インチ以下のシャフトであることと定められています。ですから、極端にシャフトを長くすることはルール違反となってしまいますので、長ければ良いという訳ではありません。また、シャフトの長さがルールで定められているということは、シャフトの長さが飛距離の直結するゴルフクラブ性能のひとつだからということが言えます。つまり、シャフトを長くすることで飛距離アップが望めるということです。ただ、シャフトを長くしすぎて、とんでもない飛距離を出してもらっても試合にならなくなってしまうので、ルールでシャフトの長さを定めたという捉え方が出来ます。

 

長尺ドライバーのメリット

シャフトを長くして得られるメリットとしてはヘッドスピードが上がります。シャフトが1インチ伸びるとヘッドスピードは約1m/s上がると言われています。ヘッドスピードが1m/s上がると飛距離は約5ヤード前後伸びると言われています。場合によってはもっと飛距離が出ることもあると言われています。

 

長尺ドライバーのデメリット

シャフトを長くすれば、ヘッドスピードが上がります。ヘッドスピードが上がれば飛距離が伸びます。ですがデメリットもあります。安易にシャフトを長くした場合、スイングバランスが重くなってしまいます。どのようなことが起きるかと言いますと、スイング全体が遅くなってしまい、ヘッドスピードも遅くなってしまいます。通常であればシャフトを長くする場合は、ヘッドを軽量化したり、シャフトの重量を軽くして、スイングバランスを適正にすることが必要となってきます。

また、シャフトが長いということは適切なインパクトが難しくなってきます。常に同じ場所にヘッドが戻り難くなり、打点がブレてしまい、ミート率を下げる原因にもなってきます。そういった現象を軽減するために広いスイートスポットを持った大きなヘッドを装着するという場合が多いです。長尺シャフトに小さめのヘッドを装着したドライバーは、無いとは言いきれませんが、今までに見たことがありませんし、とても珍しい組み合わせと言えます。

シャフトを長くするのは良いが、長すぎるとクラブ全体のバランスが狂ってきてしまうということになります。

スポンサー広告

 

シャフトの長さと飛距離 理論値

シャフトが長くなるとヘッドスピードが速くなると言われています。ヘッドスピードが速くなれば、ボール初速が速くなります。ボール初速が速くなれば飛距離アップができます。その理論計算式は下記となります。

理論計算式

  • 1インチ = 2.54センチ
  • シャフト1インチ = ヘッドスピード1m/s
  • ヘッドスピード1m/s = ボール初速1.45倍
  • 係数4 × ボール初速1.45倍 = 5.8ヤード

※上の計算式から算出される数値は理論値です。必ず上の計算式に当て嵌まるような数値が算出されるわけではありませんので、ご注意ください。あくまでも概算であり、指標です。概ねの数値となります。

関連記事
シャフトの長さ

 

市販されている長尺ドライバー

市販されているドライバーでも長尺ドライバーはいくつかあります。今ならば中古として購入ができますので、興味がある方は色々と試してみると良いと思います。また、市販されているドライバーは、シャフトの長さとヘッドの重量のバランスが取られていますので、特別なカスタムをしなくても、十分な性能を持っています。

市販されている長尺ドライバーはバランスが D5、D4 という設定になっていることもありますので、自分のスイング・リズムを確認して選ぶと良いです。

スポンサー広告

 


 

関連記事