重心とヘッド挙動

ドライバーのヘッドには重心があり、その重心を軸としてヘッドは回転します。回転運動が生まれることから、回転を始めるチカラと回転を止めるチカラの量を示すために慣性モーメントという言葉が使われたりすることもあります。

ゴルフのなかでの慣性モーメントは回転し易いか回転し難いかを表現するために使われることが多く、慣性モーメントが小さければ回転しやすい、慣性モーメントが大きければ回転し難いということになります。

スポンサー広告

 

重心とヘッド挙動

慣性モーメントという言葉を使うと難しくなりますのでヘッド挙動という言葉を使います。ドライバーのヘッドはシャフトを軸として回転します。そして、ドライバーのヘッドには重心があり、重心を軸として左右に上下に回転をします。ヘッドの左右慣性モーメントを雑誌などではよく紹介されますが、上下慣性モーメントあります。ただ、上下慣性モーメントは計測が出来ない(計測し難い)ことから、あまり取り上げられない傾向にあるようです。

 

ネック周り慣性モーメント

ドライバーのヘッドはシャフトを軸として回転します。

head-kaiten

 

ヘッドの左右慣性モーメント

ドライバーのヘッドは重心を軸として左右に回転します。

head-sayu-kaiten

 

ヘッドの上下慣性モーメント

ドライバーのヘッドは重心を軸として上下に回転します。

head-tate-kaiten

スポンサー広告

 


 

関連記事