自分に最適なドライビング・クラブを考える

ゴルフでのティーショットはドライバーを使うということが多いです。ドライバーを使わなければならないというような風習があるようにも感じますが、必ずドライバーを使う必要性はありません。

ドライバー( 1Wood ) は、ゴルフクラブの中で最も飛距離を出すことができるクラブです。故に、ロフト角の数字が小さく、シャフトが長いという特徴があり、ほんの少しのミスが顕著に弾道に表れます。

スポンサー広告

 

何故、ドライバーを使うのかを考える

ティーショットでは、何故 ドライバーを使うのかということを冷静に考えることも必要です。ティーショットだからドライバーという安易な考えではなく、明確な理由と目的を見出すことが必要です。

昨今、ドライビング・パフォーマンスというのは急速に向上しており、プロゴルファーは平均300ヤードも飛ばしてきます。ティーショットで飛ばすことができれば、第1打でボールをグリーンに近づけておくことができるという考えを持っているからでしょう。

我々、アマチュアゴルファーもティーショットの第1打で飛ばすことができれば、ボールをグリーンに近づけておくことができます。となると、セカンドショットで打つ距離というのは、短くなってきます。グリーンまでの距離が短くなれば、短いクラブで狙っていくことが出来ますから、パーオン率も高くなります。

つまり、ティーショットで飛ばすというのは、次のショットを考えているからと言えます。闇雲に飛ばしたいから、ドライバーを使うという訳ではないということを認識しておくことが大切です。

 

自分に合ったドライバーを使う

自分に合ったドライバーを使うことは、とても大切です。自分に合ってないと感じる場合の原因の殆どが、自分のスイングパワーに合ってない硬いシャフトを使っていることが多いです。特に男性ゴルファーの場合、ドライバーのロフト角の数字が小さ目で、シャフトのフレックスは Sを選択することが多いです。

ロフト角に関しては、最近のドライバーは低スピンとなってきており、ボールに揚力を与えることができないので、ロフト角10.5度、11度、12度 というドライバーも増えてきました。

シャフトに関しては、自分のスイング・パワー、スイングのスピードを考慮して選択することが重要であり、ドライバーというゴルフクラブの性能の大半はシャフトで決定すると言っても過言ではありません。自分に合ったドライバーを見つけるということは、自分に合ったシャフトを見つけることと同じような意味がありますし、自分に合ったシャフトというのは、とても大切な要素です。

 

スポンサー広告

 

ティーショットでドライバーを使わなければならない風習

ティーショットでドライバーを使わなければならないという風習があるように感じます。ドライバーを使わなければ、同伴者から何か言われてしまうかもしれない、ドライバーを使わないと変な目で見られるかもしれない、ドライバーを使わないと下手なゴルファーに見られてしまうかもしれない、という不思議な使命感というか、責任感に駆られることもあります。これは、ゴルファーならではの見栄でしょう。

あまり、周りの目を気にすることなく、自分のゴルフを追求していくことが賢明です。

 

ドライバー以外のドライビング・クラブ

ドライバー以外のドライビング・クラブとは、ティーショットでドライバーの代替となるクラブのことです。難しいドライバーよりも、優しくフェアウェイキープができるドライビング・クラブを見つけるということも、スコアメイクの近道となります。

 

ドライバー以外のドライビング・クラブ 例

  • ロングアイアン
  • ユーティリティー
  • フェアウェイウッド / 3番ウッドなど
  • ミニドライバー

関連記事

フェアウェイウッド / 3番ウッドなど

ミニドライバー

テーラーメイド RSi TP UDI ドライビングアイアン

 

スポンサー広告

 


 

関連記事