短尺ドライバーは飛ぶ?

短尺ドライバーは飛ぶ?

短尺ドライバーはシャフトが短いドライバーです。3番ウッド(スプーン)の一般的な長さが43インチ程度です。短尺ドライバーは44.5インチ前後のドライバーを指しています。なかには、43.5インチという場合もあります。つまり、3番ウッド(スプーン)と殆ど変わらない長さとなります。

スポンサー広告

 

基本的にドライバーはシャフトが長い方がヘッドスピードがアップして飛距離が伸びます。短尺ドライバーはシャフトが短いですから、その逆となりヘッドスピードはアップしないし、飛距離もあまり出ないという理論になります。そのような考え方からであれば、短尺ドライバーは飛ばないということになります。また、シャフトが短ければ慣性モーメントが低くなりますから、更に飛ばない要素が増えてしまいます。

ただ、短尺ドライバのメリットがいくつかあります。

  • 短いので取り回しが楽
  • スイートスポットで打ちやすい
  • 軽くて速く振りやすい・打ちやすい

という様なことが挙げられます。短尺ドライバーでよく耳にするのは、ミート率が上がったということです。シャフトが短いので、正確なインパクトを迎えることができるようになり、ヘッドスピードが遅くても、スイートスポットでボールを打ちやすくなりますので、それなりの飛距離を出すことが可能となります。

短尺ドライバーを使うのであれば、ちょっとした工夫を加えること良いです。シャフトを短くするのならば、ヘッドを少し重くします。ヘッドが重くなれば、今までと同じ様に打つことが出来ます。また、ヘッドが重くなった分だけボールへの衝撃が強くなりボールが飛びます。ヘッドを重くするというのはクラブ全体の重量、バランスに影響をしてきますから、慎重にセッティングすることをオススメします。短尺ドライバーは総じて、飛距離を出すためのドライバーではありません。ドライバーに自信が無くて、少しでもナイスショットを増やしたいというゴルファーに向いています。ですが、短尺ドライバーにして的確なインパクトが迎えられるようになり、飛距離アップしたという人も多く居るのは事実です。

もちろん、海外のプロゴルファーの中には、45インチ以下のドライバーを使用して、300ヤード以上飛ばすというゴルファーも居ます。もともとヘッドスピードが速いですし、的確にインパクトを迎えて、ミート率が高いのでしょう。

スポンサー広告

 

短尺ドライバーの飛距離を計算してみる

短尺ドライバーの飛距離は実際のところ、どれ程の飛距離になるのかを計算してみます。シャフトの長さによる影響だけを考えた計算となりますので、概ねの数値となります。

 

理論計算式

  • 1インチ = 2.54センチ
  • シャフト1インチ = ヘッドスピード1m/s
  • ヘッドスピード1m/s = ボール初速1.45倍
  • 係数4 × ボール初速1.45倍 = 5.8ヤード

※上の計算式から算出される数値は理論値です。必ず上の計算式に当て嵌まるような数値が算出されるわけではありませんので、ご注意ください。あくまでも概算であり、指標です。概ねの数値となります。

上の計算式より、シャフトの長さが1インチ異なることで、概ね5.8ヤード程度の飛距離差が発生することになります。

例えば、45インチのドライバーで210ヤード程度の飛距離であると仮定します。シャフトを短くして44インチのドライバーにした場合は、飛距離は204.2ヤードとなります。43インチにした場合は198.4ヤードとなります。43インチといえば3番ウッド(スプーン)と同じくらいの長さとなりますので、飛距離も概ね3番ウッド(スプーン)に近くなります。

シャフトを短くしていくことで飛距離は落ちていきますが、方向性がアップするでしょうし、ミスショットを減らすことにも繋がってきます。一発の飛びを求めるよりは、飛距離は落ちるが安定した平均飛距離を出すことが出来るというのが短尺ドライバーの強みとなります。

 

市販されている短尺ドライバー

実は短尺ドライバーは長尺ドライバーよりも品数が少ないです。ですので、ドライバーのシャフトを短くする場合にはシャフトカットなどのカスタマイズが必要となってくるケースがあります。シャフトカットをされる場合には、専門ショップで相談をしながら進めていくと良いでしょう。シャフトを短くカットしてしまったら元に戻すことが出来ませんから慎重に考えることが賢明です。

また、シャフトをカットするのではなく、自分が使用しているドライバーを短く持ってボールを打ってみると、どのようになるのか試してみると良いです。グリップをする際に短めにクラブを持てば良いという考え方もあります。

 

NEW egg impact ドライバー / 長さ:43.5インチ

人気のある短尺ドライバーです。全長が短いと飛距離が落ちてしまいます。ボールに強いエネルギーを伝えるために、ヘッドを重くして強いインパクトを実現させようとしています。短ければ振りやすいですし、重ければ強い慣性を生み出すことができます。PRGRらしい概念を打ち壊すようなドライバーです。SLEルール適合品です。

ロフト角 : 10°
ヘッド体積 : 430cc
ライ角 : 59.0
長さ : 43.5インチ

シャフトスペック
M-43 (S) クラブ重量:305 バランス:D-0.5 トルク:5.4 シャフト重量:51.5
M-40 (SR) クラブ重量:302 バランス:D-0.0 トルク:5.4 シャフト重量:49.5
M-37 (R) クラブ重量:301 バランス:D-0 トルク:4.9 シャフト重量:48.5

NEW egg impact ドライバー エッグ専用シャフト

 

短尺オフセットドライバー WOSS / 長さ : 42.75インチ

とてもシャフトが短いドライバーです。もしかしたら3番ウッド(スプーン)よりも短めの設定になっているかもしれません。一般的なドライバーより5センチから7センチ程短いので、振り回しやすいというのが大きなメリットとなっています。振り回しやすいということは、アドレスの位置にクラブを戻しやすいということになりますから、適切なインパクトを迎えやすくなります。ただ、ルール非適合ですからご注意ください。

ヘッド体積 : 440cc
ヘッド素材 : 6-4チタン
ヘッド製法 : 鋳造
グリップ : WOSSオリジナルラバーグリップ
ヘッドカバー : 有り

短尺オフセットドライバー WOSSオリジナル短尺専用カーボン 【ルール非適合】

 

短尺ドライバーよりもミニドライバーを使う

短尺ドライバーの数は少ないです。本当に短尺ドライバーを使いたい場合にはショップでシャフトカットをしてもらう必要があります。その際には、自分のスイング・リズムやヘッドスピードを計測してもらい、バランスを整えて貰うと良いです。

もし、短尺ドライバーを使ってみようと考えているのであれば、ミニドライバーの使用を考えてみるというのもひとつの方法です。ミニドライバーとは言葉の通り、従来のドライバーよりも小さめのヘッド、短めのシャフトのドライバーです。どちらかというとフェアウェイウッドにカテゴリー分けされることが多く、ドライバーと3番ウッドの中間的な存在から、2番ウッド(ブラッシー)と呼ばれていることもあります。

ミニドライバーに関する記事もありますので併せて読んでみてください。また、ドライビング・クラブという概念に関する記事 ヘッドが大きくてシャフトが長いクラブがドライバー? もありますので、併せて読んでみてください。

 

スポンサー広告

 


 

関連記事

PR : 高反発ゴルフドライバー 飛ぶドライバー