低重心ドライバー の メリット

昨今、ドライバーだけではなく、ゴルフクラブは全体的に低重心が良いとされており、市販されているゴルフクラブの殆どが、低重心となっています。最近では、ドライバーヘッドのクラウン部分にカーボンを採用し、ヘッド上部のクラウンを軽量化し、ヘッドの重量を下方(ソール側)に集中させて低重心化を図っているドライバーも増えています。

テーラーメイド M2 ドライバーを元に、クラウン部分にカーボンを採用し、低重心となったドライバーのメリットを考えてみましょう。

スポンサー広告

 

クラウンにカーボンを採用してヘッド上部を軽量化

M2 ドライバー / カーボン採用

クラウンにカーボンを採用することで、ヘッド上部を軽量化することができます。そして、ヘッド全体の重さがソール側に集中することになります。結果、低重心なドライバーとなっています。

ソール側にウェイトを配置することでも、ソール側に重さを集中せることができますが、カーボンを採用することで軽量なヘッドでありながらも、ソール側に重さが集中させることができます。つまり、クラウンにカーボンを採用することで、軽量ヘッド+低重心 が実現できます。

 

カーボンを採用するメリット

  • ヘッドの軽量化
  • ソール側に重さを集中できる(低重心化)

 

低重心 と 有効打点 と ギア効果

M2ドライバー / ギア効果

低重心にすることで、フェース面上の重心(スイートスポット)からフェース面上部の有効打点が拡がりますから、ドライバーヘッドの重心よりも少し上でボールをヒットする確率が高くなります。

フェース面上部でボールを打つことで、ギア効果が発生し、ヘッドは上を向くような挙動となり、打ち出し角は高くなります。ひと昔前のドライバーのようにバックスピン量を増やして、ボールに揚力を与えるのではなく、ギア効果で高い弾道を打つことができます。ですが、バックスピン量を相殺するような回転をボールに与えることができ、ボールが着地したときには転がりやすくなり、ランが出ます。

 

低重心のメリット

  • 有効打点エリアが拡がる
  • 打ち出し角が高くなる
  • バックスピン量を減らせる
  • ランが出やすい

 

スポンサー広告

 

スイートエリアの拡大

M2ドライバー / スイートエリア拡大

テーラーメイド M2ドライバーは、M1ドライバーよりも重心が深くなっていますので、M1ドライバーよりもスイートエリアが拡大されています。重心が深くなれば、インパクト時にヘッド後方からボールに伝達するエネルギー(慣性モーメント)が大きくなります。反面、バックスピン量が増える傾向にあります。

深重心はスイートエリアが拡がるが、バックスピン量が増えてしまう可能性もあります。ですから、重心位置というのは絶妙なバランスで設計されています。M2ドライバーは基本的には浅重心なドライバーとなります。M1ドライバーと比べて、重心が深いということです。

 

深重心のメリット

  • スイートエリアが拡がる
  • 慣性モーメントが大きくなる

 

低重心のドライバーは飛ぶか?

低重心のドライバーは飛びます。

むしろ、飛ばすためには低重心のドライバーが必要です。低重心だからこそ、ボールを高く打ち出すことができるギア効果、バックスピン量を減らすギア効果を得ることができます。

 

テーラーメイド M2ドライバー

  • フェースプログレッション : 17.5ミリ
  • 重心距離 : 35.1ミリ
  • 重心深度 : 35.4ミリ
  • フェース高さ : 60.6ミリ
  • スイートスポット高さ : 35.9ミリ
  • 重心角(度) : 26.0

 

PR
テーラーメイド M2 ドライバー 【 GDOショップ 】

 

スポンサー広告

 


 

関連記事