プロギア RS-F ドライバーはルール不適合と判断

R&Aより、SLEルールに抵触する可能性があるという指摘を受けたことにより、RS ドライバー F の販売を一時停止していましたが、ルール不適合であると判断されたとのことで、シェアします。

スポンサー広告

 


プロギア RS-F ドライバー

 

理由
ルール上限を超えるものが市場に混在した可能性についての指摘があった。

 

販売停止
2016年11月25日より販売を一時停止していました。

 

R&Aとの協議
2016年12月26日から、適合ドライバーヘッドリスト から除外されることが決定。つまり、SLEルール 不適合であるという裁定となったということです。2016年12月26日から、ゴルフルールに則ったプレーが出来なくなるということになります。競技で使用された場合は失格になります。

 

販売
12月19日より、プロギア RS-F ドライバー 販売停止

 

今後の対策
2017年2月から、ルール適合の代替ヘッドに無償交換。

 

対象モデル
ドライバー RS-F ロフト9.5度、10.5度
2016年8月発売モデル

 


所感

ルール不適合となってしまったら競技では使用できませんので残念です。ですが、ルール・ギリギリの飛び という謳い文句通り、本当に飛ぶための工夫を取り入れていたのだろうということが窺えます。ルール違反になってしまうのは、良くありませんが、ルール適合で今以上に飛ぶドライバーを開発できるポテンシャルを秘めているメーカーであるということを感じました。次に開発されであろう、飛ぶドライバー が楽しみです。


 

プロギア・オフィシャルサイト より
PRGRドライバー「RS-F」のR&Aルール不適合裁定によるお詫びとお手続きについて
【 プロギア・オフィシャルサイト 】

関連ニュース
プロギア「RS-F」ドライバーに、R&Aルール不適合裁定

 

スポンサー広告

 

関連記事