ブルックス・ケプカ の セッティング

ブルックス・ケプカは、ダンロップフェニックストーナメントで、パワフルなドライビングパフォーマンスと繊細なパッティングでを武器に見事に優勝しました。優勝した時のセッティングが紹介されました。

 

ブルックス・ケプカのセッティング

ドライバーは、テーラーメイドM2ドライバーとなっていますが、アイアン、フェアウェイウッドはNIKI(ナイキ)となっています。基本的には使い慣れた、NIKE(ナイキ)をベースにしているようです。

  • ドライバー:テーラーメイド M2 ドライバー(ロフト9.5度)
    シャフト:三菱レイヨン ディアマナ Wシリーズ(重さ70g、硬さTX、長さ45インチ)
  • フェアウェイウッド:ナイキ ヴェイパー フライ プロ フェアウェイウッド(3番15度)
  • アイアン:ナイキ ヴェイパー フライ プロ アイアン(3番)、ナイキヴェイパー プロ コンボ アイアン(4番)、ナイキヴェイパー プロ アイアン(5~9番)
  • ウェッジ:ナイキエンゲージ ウェッジ(47度、52度、56度、60度)
  • パター:ナイキ メソッドパター プロトタイプ
  • ボール:ナイキ RZN(レジン) ツアー プラチナム ボール

※出典:GDOサイト

平均飛距離302.6yd ブルックス・ケプカの優勝セッティング

 

テーラーメイド M2ドライバー

ローリー・マキロイもテーラメイドM2ドライバーを使っていましたから、余程M2ドライバーが良いのでしょう。または、NIKE(ナイキ)のモデルにカーボンを採用したドライバーがありましたから、似た様な感覚で打ちやすいのかもしれません。

  • フェースプログレッション : 17.5ミリ
  • 重心距離 : 35.1ミリ
  • 重心深度 : 35.4ミリ
  • フェース高さ : 60.6ミリ
  • スイートスポット高さ : 35.9ミリ
  • 重心角(度) : 26.0

 

スポンサー広告

 

関連記事
低重心ドライバー の メリット

関連ニュース記事
平均飛距離302.6yd ブルックス・ケプカの優勝セッティング

 


 

関連記事