テーラーメイド 2017年ニューモデル M1シリーズ、M2シリーズ 発表

テーラーメイドが2017年のM1シリーズ、M2シリーズを発表しました。M1シリーズ、M2シリーズ どちらも2016年モデルをベースに更に進化しているようです。今のところUSモデルであれば購入ができるようです。

スポンサー広告

 

2017年 M1ドライバー

ヘッド体積は440cc、460ccの2種があります。
ソール側のトゥ側にもカーボンを採用しています。
現行のM1ドライバーよりも、43%多くカーボンを採用しています。

 

2017年 M2ドライバー

ソール側のトゥ側にもカーボンを採用しています。
スピードポケットの幅が狭く、深くなっています。

 

2017年 M2 D-TYPEドライバー

ソール側のトゥ側にもカーボンを採用しています。
D-TYPE は ドローバイアスのことでしょう。バイアス設計技術を組み合わせて、スライスを軽減させ、ドローを打てるような構造となっています。真っ直ぐ飛ばすことができれば、平均12ヤード(最大20ヤード)の飛距離アップができると考えているようです。

 

スポンサー広告

 

テーラーメイド INSTAGRAMより

テーラーメイド INSTAGRAMでは、2017年M1シリーズ、M2シリーズのアイアンの写真も投稿されていました。

 

PR
テーラーメイド 2017年 ニューモデル M1、M2 【 USモデル 】

 

スポンサー広告

 


 

関連記事