フレックス・トルク

ドライバーに限らず、ゴルフクラブはシャフトによって、その性能が左右されると言っても過言ではありません。ゴルフクラブのシャフトは慎重に選ぶことが賢明です。見栄を張って硬いシャフトを使うよりも、自分のスイング、身体能力を理解したうえで、無理なく扱える適切なシャフトを選ぶことが大切です。

一般的にシャフトはフレックスと調子で選択されることが多いです。というよりも、既成品の場合はシャフトのフレックスに伴ってトルクが決まってきますし、シャフトのどこで撓るかというキックポイント(調子)も細かく選択出来ないこともありますので注意が必要です。

スポンサー広告

 

フレックスとは

フレックスはシャフトの硬さのことです。もう少し深く説明をするとシャフトの硬さというのは、シャフトの撓み(たわみ)やすさを意味しています。シャフトのフレックスが柔らかくて撓みやすければボールの飛び出し角度は高くなる傾向にあり、シャフトのフレックスが硬くて撓みにくい場合はボールの飛び出しが低くなる傾向にあります。

スイングスピードが遅い場合に硬いシャフトを使用すると、シャフトが十分に撓むことが出来ませんし、スイングスピードが速い人が柔らかいシャフトを使用すると撓みすぎてしまうということがあります。自分のスイングスピードを把握して、シャフトを選択することが大切です。

shaft-hit

 

シャフトが硬すぎる場合

  • ボールの打ちだし角度が低くなる
  • スライスが増える
  • 右プッシュが増える
  • 重くて振り切れない
  • 重くて不用意にチカラが入る
  • インパクトの衝撃が手に残る

 

シャフトが柔らかすぎる場合

  • 不用意にボールの打ちだし角度が高くなる
  • フック、チーピンが増える
  • 撓り過ぎてヘッドが戻ってこない
  • 撓り過ぎてタイミングが合わない
  • シャフトの反応が遅く感じる
  • 速く振ることができない

 

トルクとは

シャフトにはフレックス以外にトルクというものがあります。トルクはシャフトの捻れ具合を意味しています。一般的にトルクは数値で表示されることが多いです。例えばシャフトのフレックスR トルク 4.0 などのような表記をします。一般的にトルクの数値が小さい方が硬さを感じますし、捻れが少ないです。トルクの数値が大きい方が柔らかくて捻れやすいです。

スポンサー広告

 


 

関連記事

 


 

シャフトの調子・キックポイントに関して