キャロウェイ グレート ビッグバーサ ドライバーの特徴

キャロウェイ グレート ビッグバーサ ドライバーは、松山英樹が使用していたということもあり、注目を浴びています。松山英樹はキャロウェイ グレート ビッグバーサ ドライバーを使用しから、2016年 CIMBクラシックで単独2位。WGC HSBCチャンピオンズで優勝をしました。松山英樹は気に入ったクラブは長く使おうという傾向があります。SRIXON ZR-30ドライバーを使っているところからも判ります。

決して新しいモノが良いという訳ではなく、本当に自分が使いやすい道具、自分のゴルフができる道具を見つけるという、目利きは見習うべき点でもあると感じています。

キャロウェイ グレート ビッグバーサ ドライバーは、2015年のモデルです。飛距離を追求するアベレージゴルファー向けの設計となっています。

スポンサー広告

 

キャロウェイ グレート ビッグバーサ ドライバー の特徴

最大の特徴としては ペリメーター・ウエイトと呼ばれるスライド式のウェイトです。ウェイトをトゥ側に移動させたり、ヒール側に移動させたりすることができます。

ウェイトを移動させることで重心距離とスイートスポットの位置を調整できるという仕組みになっています。ウェイトをトゥ側に移動させれば、重心距離が長くなり、スイートスポットもトゥ側寄りとなります。ウェイトをヒール側に移動させれば、重心距離が短くなり、スイートスポットもヒール寄りとなります。

つまり、スライスしてしまうので、ウェイトをヒール側に移動させることで、捉まりを良くさせることが出来ます。フックやチーピンが気になるのであれば、ウェイトをトゥ側に移動させて調整をすることが出来ます。自分の弾道傾向に合わせたセッティングが出来るという仕組みになっています。

関連記事
重心距離 の 調整

 

スポンサー広告

 

スペック詳細


※写真はGDOサイトより

  • フェースプログレッション(mm) : 18.1
  • 重心距離(mm) : 36.0
  • 重心深度(mm) : 37.2
  • フェース高さ(mm) : 57.4
  • スイートスポット高さ(mm) : 37.2
  • 重心角(度) : 26.5

 

PR
キャロウェイ グレートビッグバーサ ドライバー 【 GDOショップ 】
Callaway(キャロウェイ) 2015年モデル GREAT BIG BERTHA グレートビッグバーサ ドライバー 【 楽天ショップ 】

 


 

スポンサー広告

 

関連記事