イ・ボミのセッティング 伊藤園レディスゴルフトーナメント 優勝時

伊藤園レディスゴルフトーナメント で イ・ボミが優勝しました。笠りつ子とのプレーオフを制し、通算20勝目となりました。優勝セッティングが紹介されていましたので、シェアします。

スポンサー広告

 

イ・ボミ の セッティング

以前より、本間ゴルフ TW727 455 ドライバーを使用しています。替えたくても、替えられないほどに、信頼できるドライバーなのでしょう。そして、ドライバーを替えないということは、安定性を求めているということが窺えます。

  • ドライバー:本間ゴルフ TW727 455 ドライバー(10.5度)
    ※シャフト:VIZARD YA55(硬さR 45.5インチ)
  • フェアウェイウッド:本間ゴルフ TW737 フェアウェイウッド(15度、18度)
  • ユーティリティ:本間ゴルフ(22度、25度)
  • アイアン:本間ゴルフ TW727Vn アイアン (6番~10番)
  • ウェッジ:本間ゴルフ TOUR WORLD TW-Wウェッジ(48度)、タイトリスト ボーケイデザイン SM6ウェッジSグラインド(51度、57度)
  • パター:オデッセイ ホワイト・ライズ iX #1SH
  • ボール:ダンロップ スリクソン Z-STAR ボール

関連ニュース記事 GDO
イ・ボミはニューモデルのクラブでツアー20勝目

 

本間ゴルフ TW727 455 ドライバー

本間ゴルフ TW727 455 ドライバー

イ・ボミが使用しているドライバーは、本間ゴルフ TW727 455 ドライバーです。2014年のモデルです。相当、気に入っているのか、自分のスイングとの相性が良いのだろうと思います。このドライバーで何度も優勝をしているのですから、手放せないのかもしれません。

基本的には、浅重心でスピン量を抑えて飛ばすというドライバーです。ヘッド体積は455ccとなっており、少し小さ目のヘッドです。ヘッド形状は、上級者が好むナシ形となっています。

 

TOUR WORLD TW727 455

 

VIZARD YA55 / R / 45.5インチ

シャフトは、VIZARD YA55 フレックスR 長さ45.5インチを装着しています。ドライバーのヘッドよりも、このシャフトがイ・ボミのスイングのタイミングにマッチしているのだろうと思います。長すぎず、硬すぎず、軽すぎず、適度なバランスを保っているシャフトです。

  • 調子 : 中調子
  • シャフト重量 : 54.0
  • トルク : 4.35
  • 振動数 : 258

YA は YARN(ヤーン)の略で、円筒つぶれに強い素材を採用しているとのこと。シャフトが撓れば、円筒形がつぶれてしまい、シャフト本来の性能を発揮できません。シャフトのつぶれを抑えることで、シャフト軌道を安定させる効果があり、的確なインパクトを迎えることができるという特殊な素材です。

 


 

PR
TW727 455 / VIZARD YA55

関連記事